2011年08月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







昨年以来一年ぶりに、またもや懲りずにPython Hack-a-thonにてプレゼンをさせていただくことになりました。
Python Hack-a-thon 2011.10 を開催します - Twisted Mind

昨年参加したときは、マインドマップの話をちらっとさせて頂きまして、その時のことはこの過去記事にて。
Python Hack-a-thonでマインドマップのプレゼンをしてきました

今回は色々ありまして、「女性にモテるための、IT系男子的部屋の片付け術」というネタを持ち込みます。
なんでこんなことに…(笑)



しかし昨年にも思いましたが、自分の全く知らない世界に飛び込むのはとても楽しいです。
自分の興味ある分野がある程度絞られて来ると、当然その分野に関連する世界が楽しいので、ずっとその辺りを回遊することになります。
マインドマップであったり、フォトリーディングであったり、ライフハックであったり、iPhoneであったり。

勿論それが悪いわけではありませんが、折角いろいろな世界に飛び込めるこの時代です。
たまには思い切って違う世界に赴いてみると、新しい発見や今までにない交友関係の広がりを得られるのではないかと思います。
自分の行動している世界の常識が、他の世界では通じないこともあるし、他の世界の常識が、自分の世界では「えっ、なにコレ?!」という衝撃的なことだったりもするし。
分野違いはなかなか難しいところもありますので、地域を飛び出す、というのもいいですね。
地域によって、同じ分野の勉強会でもやっぱりカラーが違ったりしますし。

勉強会などのリアルな行動以外でも、twitterで自分の興味外の分野の人たちをフォローしてみるのもひとつの手です。
私も、プログラマな人たちの会話は全然分からないながらも「まるで魔法みたいな言葉づかいだな~」と、その分からなさが逆に楽しくて眺めています。
他にも、大学生が友達ときゃっきゃじゃれあっているのを、微笑ましいなあと思いながら見ていたり。

twitterならば、一方的に眺めているだけでもいいし、やろうと思えば自分でそこに飛び込んでいくことだって出来ます。
自分の知らない世界を覗く窓と、そこへ入るための扉が常に用意されてるようなものですね。
会話をするにしても、専門的な会話である必要もなく、日常的な会話でもOKなのがtwitterのいいところ。
「自分の知らない世界に住む人と交流してみる」くらいの気持ちで、twitterを活用してみるのも楽しいのでオススメです!

編集メモ


やまもとさをんへのインタビュー - やまもと さをんインタビュー
ザ・インタビューズというサイトに登録してみました。
質問してみたいことがありましたら、何でもお気軽にどうぞ~。時間ある時にお答えしたいと思います♪
スポンサーサイト








シゴタノ!:「こんなことを書いて誰かの役に立つのだろうか…」という不安を解消する方法
この記事を読んで思ったことをtwitterで投げたのをさらっとまとめつつ、「知る」ことについて考えてみました。

ささいな豆知識に「そんなこと知ってる」「何をいまさら」とケチを付けることは、豆知識を提供した人、そしてそれを初めて知って「へえー」と思う人、両方を叩き潰すことになる。誰も得しない、何も生み出さない。ケチを付けるなら黙って去りましょう、ってねーWed Aug 10 03:57:26 via Tween


誰にだって知らないことはある。だから、誰にだって「今さらこんなことを知るなんて!」ってことは起こりうる。「何をいまさら」って人を笑うことは、巡り巡って自分を笑うことにも繋がるんじゃないかねって思うよ。人生、知らないことを知っていくの連続が積み重なってるもんなんだからさあ。Wed Aug 10 04:01:42 via Tween


知らないことを知っていく、その積み重ねが楽しいんじゃーないかー。「知ること」を否定してしまうなんて、人生しょーもないぜー、ってねえ。Wed Aug 10 04:03:54 via Tween


なんだっけなー、恋愛初めって自分のことを全部相手にひけらかさないほうがいいんだってさ。「もっとこの人のことを知りたい!」って思うくらいの秘密がある方がいいらしい。つまり、「知りたい!」って欲求を対象に持ち続けるといいってことかな。全部知っちゃうと多分つまらん。Wed Aug 10 04:07:14 via Tween


恋愛に限らず、人生も仕事も趣味も、全て知るより常に知らないことがある方がずっとずっと楽しみが続くんだろうね、ってことで。Wed Aug 10 04:09:38 via Tween



何故かやたらと、「こんなくだらないことをブログ記事にするなんて!」「今更こんなこと書いてなにが面白いの?」と言ったように、「自分にとって役に立たない情報を発信している人」をバカにする人というのが存在します。
しかし、世の中どんな些細な情報であれ、「誰かが求めている情報」であるのです。
そしてそもそも情報発信というのは、「誰かが必要としていないと発信してはいけない」ものではありません。
自分が書きたい!発信したい!という、情報提供側の欲を満たすという側面ももっているわけです。

たとえ自分にとって必要のない情報であっても、それは
「情報を提供したい人の欲を満たす」「情報を欲しかった人の知識を潤す」という役割を持っているわけです。
では、その情報を既に知っている人にとってその情報はどんな役割をもつのか?と考えると、
「こういう情報を知らない人がいるんだ!じゃあ、自分が知っているこんなことを知らない人もいるのかも?」
と考え、「情報を提供したい欲」を生み出す言動力へ繋げる力という側面を持つのではないかと感じます。
それを簡単に図式化したのが冒頭のイラスト。

・情報を提供する楽しみ
・知らないことを「知る」楽しみ
・自分が知っていることを「知らない人」が存在することを知り、情報提供側に回る楽しみ


これら三者三様の視点で「知る」ことを楽しめると、情報に対する視野が更に広がるのではないかなあと思います。
そして、いずれかの視点で留まるのではなく、常にどこかの立場に移動し続けること。
「知る」ことを楽しみ、「知らない」ことも楽しむ。
どんな視点でも常に楽しさを見出すこと。それが自分の世界を広げてくれるのだと、そう感じるのでした。

編集メモ


そんなわけで、このセミナーでは私は「提供欲を満たす」側に回ります。
みなさんにとって、知っている知らない、どちらの側面であっても、お役に立てる情報を提供できるように準備を進めています~。
09/03(土) スピードハック整理術セミナー@渋谷 申し込みフォーム








この度、「シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌」さんにお声掛けいただいて、9月3日の下記のセミナーでゲスト講師としてお話させていただくことになりました!

09/03(土) スピードハック整理術セミナー@渋谷

「高速判断力を身につける」をテーマに、
「ライフハック心理学」の佐々木さん、「シゴタノ!」の大橋さん、
そしてオマケに私の3名でお話させて頂くことになります。
この顔ぶれの中に私が混じっているのはちょっとオカシイ、と自分でも思いますが(笑)

お二人とは全く違うアプローチ、私なりの切り口でお話したいと思っていますので
是非ご興味ある方はご参加くださいませ♪



しかし、私がシゴタノさん主催のセミナーに参加したのが昨年の年末12月。その時の感想はこれ。
好きでいたいから、ルールを作る! -スピードハック総決算2010セミナー感想- 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
それからあれやこれや9ヶ月で、よもや参加者側から前に立つ側になろうとは思いもしませんでした。

思考や情報のアウトプットを続けることと、やりたいことを言葉にして人に届く場に公開すること。
これが、新しい出会いやチャレンジングな場を自分にもたらしてくれるのだと思います。
これは、過去の記事やtwitterでも述べていますのでそちらも合わせてご参考に。

 ■隠れた才能を発見し、やりたいことを実現するためにやってみるといいこと 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】

しかしてつくづく思うのは、自分の強みを引き出してくれるのは他人であるという事実。自分の持ってる考えを他人視点で見られる事により、そういう見方もあるのか!と、本人も気づかぬ部分を教えてもらえる。自分で知る自分の事なんて、氷山の一角なのかもね。Sun Aug 07 13:19:44 via Tweetbot for iPhone


自分を高めるためには人と付き合え、ってのは、人から何かを教われ、って意味だけじゃないんだなと。人と付き合って己の良さを引き出してもらえってのもあるんだね。それはきっと、双方の知識量とか関係なしに出来ること。だからこそ、自分のことを遠慮なくガンガンアウトプットすることに意味がある。Sun Aug 07 13:23:32 via Tweetbot for iPhone



今回のセミナーの場合、
私がブログやtwitterで自分の考えや行動をアウトプットして公開し続けていたところ、
「他人の目で「自分が持っているすごい部分」を見つけ出してもらった」結果として、
この様な場に呼んでいただくことが出来ました。

また、ブログで情報提供する前にあっという間に満席になってしまいましたが
私の発案にシゴタノの大橋さんが乗っかった形で、このようなイベントも実現しています。

 ■シゴタノ! 週次レビューを習慣化させたい人のための「タスクカフェ」、始めます(w/ @sawonya)



これは上記記事にある経緯を見れば一目瞭然ですが、
私が「こういうのがあったらいいな~、こういうことやりたいなあ」と
twitterでアテもなく思いつきを流していた結果、実現したものです。

何度でも言いますが、「私がすごい」わけではないんです。

・思考や情報のアウトプットを続ける
・やりたいことを言葉にして人に届く場に公開する


この2点は、出来事の大小はあるにしても、必ず自分に出会いや場、変化をもたらしてくれます。
それでも…と躊躇している方は是非、「スピードハック整理術セミナー」への参加から始めてみてはどうでしょうか。
同じことに興味のある人が集まる場は、上記を行うための背中を押してくれる場にも成り得ます。

今年も春夏と過ぎて、後半戦の秋に突入する時期です。
読書の秋、勉強の秋、アウトプットの秋!に、してみませんか?

編集メモ


私は基本的に自分メインでイベント主催をすることはあまりないので(集客や告知が苦手)、こういう場に引っ張り出して頂けることはとてもありがたいです。
内容によりけりですが、お声掛け頂ければこういうこともやりますので、
何か機会がございましたら~。
ちなみに私の夢は、母校で後輩たちに公演をして、「なんだ、こんな適当でも人生楽しくやっていけるんだー」と思わせることです(笑)







先日のことです。
twitterでちらほらと「阪神が勝った、わーい」「ロッテの調子がいいぞー」などと野球についての話題を見かけていたのですが、私は野球というものをそれはもう全くと言っていいほど知らず。
「今、何の試合をしていて、何に対して盛り上がっているのか?」が全く分からなかったわけです。
プロ野球の公式サイトを見ても、まず何を見たらいいかも分からず。
いわゆる、「何が分からないのかがまず分からないので、どう調べていいやらも分からない」状態ですね。

で、twitterでその「よく分からないけれど、何やってるの?」という疑問を素直に投げてみました。

すると、皆いろいろと教えてくれることくれること。
ともすれば「検索しろ」「教えてくれくれウザい」と言われても仕方がないと思ったので、みなさんの親切さに助けられました。

で、そこから「教えてもらう」ということについて、いくつかツイートしながら考えていました。

分からないことは素直に「分からないので教えてください!」と言って教えてもらえば話も広がるし、逆に「教えてください!」って言われたら教えることで自分の中の知識が改めて整理されることもあるし、教えてもらうのも教えるのもどちらも楽しいと思う~。Sun Jul 31 12:55:48 via Tween


大抵、その人の好きなことについて教えて欲しいというと、すごく喜んで教えてくれるものなので、遠慮なく「教えてー」って甘えればいいんだよね。なんでこんな簡単なことが昔は出来なかったんだろう。分かった振りしてグダグダするよりシンプルかつ確実な学びになるのに。Sun Jul 31 13:01:27 via Tween



と言っていたら、こんなリプライを貰いまして。

教えられるちゃん RT @sawonya: 姉に対しても、「料理もファッションも色々分からないよ~教えて~!」と聞きまくったら、すごく色々教えてくれて、教えるのもどうも楽しいみたい。なんだ、それならもっと昔からあれこれ聞けば良かった。そうしたらもっと昔から仲良く出来てたのに。と…Sun Jul 31 13:25:05 via TweetList Pro



この「られる」は最初は受け身だけど、次第に可能に変わっていくのだ。誰かに教えられることで、誰かに教えられるようになっていく。 @sawonyaSun Jul 31 13:26:41 via TweetList Pro



なるほど、「教えられる」ことは、いつしか「教える」に変わっていくのだなあ、と思って私が続けたのがこのツイート。

WinWin、っていうと、一対一の関係性にとどまるイメージがあるけれど、(知識とか、形のないものを)人に与えられる→与えられたものを、別の人に与えたくなる、ってこともあるので、一対一とは限らないんだよね。Winの連鎖?Sun Jul 31 14:06:57 via Tween



「教えられ上手」は「教え上手」に進化する


あれこれ考えて整理したらこんな感じに。

・教えてほしいことは素直に「分からないので教えてください」という
 →知ったかぶりが一番良くない

・「教えて欲しい」と言われたら、わかることは喜んで教えてあげる
 →教えることは、自分自身の成長にも繋がる

・教えられたことを、いつか誰かに与えて繋げる
 →「教えてもらう」から「教えてあげる」に、教えるの連鎖を繋いでいく


「教えてもらうこと」を、「自分で調べもせず人の力を頼るのは良くない」という見方をすることもあるかもしれません。
けれども、決して「分からないことを聞く」「人から教えてもらうこと」は、悪いことではないと思うのです。
悪いことがあるとすれば、「教えてもらったことに感謝をしない」「自分で考えることをしなくなる」ことな気がします。

「うまく教えてもらう」ことが出来る人は、同じように「教えることがうまい」人になっていくように思います。
この、「教えられる」「教える」両方ともを、うまく出来るように心がけたいものですね!

編集メモ


ということをブログに書こうと準備していたら、「教えられるちゃん」命名の大橋さんに先を越されてしまったのでした(笑)
冒頭のイラストは↓こういう経緯で描かれたものなのでした。こういう具現化が突発的に起こるのもTwitterならではの楽しさですね♪

249:今日グッと来た言葉「そんなこと言われたら描いちゃいますよ!w」(@sawonya) | | SOHO考流記 | あすなろBLOG





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。