2011年06月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







色々と記事も増えてきているので、比較的最近の記事からマインドマップに関連するおすすめ記事などを列挙してみます。
お時間あるときにでもどうぞ読んで参考にして頂ければと思います♪

マインドマップを始めてみようかな、という方へ


 ■今日からマインドマップを始めるための 4つのステップ

マインドマップの活用事例など


 ■マインドマップ×智慧カード=アイデア発想!
 ■マインドマップで読書メモを取ることのメリットって?
 ■マインドマップで目標設定~関連付けと文章化の効果のススメ!
 ■マインドマップを使ってのタスク管理 の話。
 ■目標を客観視するということ ~東京ライフハック研究会に参加して
 ■【動画配信】しゃべりながら90分でフルマインドマップ描いたよ!

マインドマップに関する疑問やステップアップネタ


 ■論理的思考の人がマインドマップに感じるハードルとは 他小ネタ3点
 ■マインドマップを簡単に改善できる 3つのポイント
 ■マインドマップはなんで単語で言葉を載せるの?
 ■マインドマップのテーマ設定に魔法をかける!
 ■マインドマップの関連付け作業で、視点チェンジ!

オススメのマインドマップ本など


ペンとノートで記憶に残す!アイデアがわき出る! 本当に頭が良くなるマインドマップ(R)“かき方”超入門
「ペンとノートで記憶に残す!アイデアがわき出る! 本当に頭が良くなるマインドマップ(R)“かき方”超入門」

マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本
「マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本」


その他


 ■マインドマップ普及会 全国各地で活動中です
 ■こんなペンでマインドマップ描いてます@2010年末

個人的な活動など


Facebookページやtwitterなどもやっていますので、よろしければそちらもどうぞご覧ください。
ただし、twitterはどうでもいいこと7割:ちょっと真面目モード2割:マインドマップ1割、位の、ツイート過多運用なので、ご理解の上フォローして頂ければと思います(笑)。
なおFacebookの個人アカウントは、交流のある方のみに限定して運用しています。
 ■Facebookページ
 ■Twitter

マインドマップやイラストの受注作成、イラストセミナーなども気ままにやっておりますので、そちらも合わせてどうぞ~。
 ■さをん屋.com
スポンサーサイト







ブレーンストーミング4つのルール、というものがあります。概ねこんな感じ。
詳しくは石井さんのブログなどをご参考に。
 ■ブレスト、4つのルール: 石井力重の活動報告

で、これはチームでのブレストには勿論、一人でのブレストにも当てはめることが出来るルールです。
さて、マインドマップ使って一人ブレストをすることはとても多いわけです。マインドマップを使ったアウトプットの大半は、一人ブレストと言えるかもしれません。
そこで、この4つのルールのひとつ、「判断遅延」について、マインドマップの場合はどうすべきか、について考えてみました。

どんどん書いて、後で考える


書く際には判断をしない、判断は後で行う。というのが判断遅延のルールです。批判禁止、とも言えますね。
マインドマップで言うなれば、
「ブランチ(枝)に単語を載せる際には判断しない、後で判断するのだから」
と言うところでしょうか。
判断の対象としては、内容の是非というだけではなく、載せる場所(論理構造になっている必要はない)や、内容のダブり(同じことが何度書かれていてもよい)などもありますね。
ようは、「これは合っているのか?」という答えを、書き出す段階で求めないということです。

ノートに手書きメモで考えを書き留める、と言うと、「正しいことを書かなければ!書く位置もきちんとしなくては!」と考える人はさほどいないと思うのですが、何故かこれがマインドマップになると、こういうことを思ってしまうことが少なからずあるようで…。

マインドマップも手書きの殴り書きメモも、本質は変わらないはずなのです。
それに気が付くと、マインドマップの活用の幅が簡単に広がるのではないかなーと思います!

編集メモ


今回はなんとなく気が向いて、Illustratorでざくざくと描いてみました。
最近会社の資料用にIllustratorでイラストをいくつか描いたので、その流れかも。
うちの会社の研修を受講した際には、私の描いたイラストをちらっと見ることが出来るかもしれません。
「あ、これは…」と気がついたら、ちょっとお得気分になるかも(笑)





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。