2011年01月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ここ一ヶ月ほど、iPhoneとTwitterを連動させて、睡眠記録をつけています。使っているのは以下のツール。
[iPhoneアプリ]おはようパンダ
[Webサービス]Twitter / ホーム
[Webサービス]ホーム|ねむログ
おはようパンダで「起きる」「寝る」をtwitterでつぶやくように連動しておき、twitterのつぶやきを拾ってねむログで睡眠時間の取得。
これはこちらの記事→(iPhoneで睡眠時間を管理する最も手軽な方法 | | SOHO考流記 | あすなろBLOG)などで紹介されているので、興味ある方は是非導入すると面白いと思います。
ねむログ自体は単体でも使えるサービスなので、iPhone持ちでない人にもオススメです。
twitterを間に噛ませることで、「人に見られている!」という意識が生まれる為、寝坊抑止効果にも繋がるという効果も。

さて睡眠といえば、このブログを初期から読んでくださっている方の中には、私が昔、早起き・三時間睡眠をしていたことをご存知の方もいるかもしれません。
3年近く前あたりのブログ記事にもちらっとその辺りの話が書いていたりします。(→過去のブログ記事参照)
東京にきては長らく、継続的には行っていなかったのですが、睡眠記録をつけ始めてからは比較的それに近い感じの睡眠が出来ています。
とりあえず、3~4時起床が安定ペースに乗せられるといいなと思っています。

というわけで、今日は睡眠の話を噛ませたネタをひとつ。

時間帯による作業効率の違いを知る

一日24時間、一週間7日、同じテンション、モチベーションで動けるわけがない。
では、どの時間に何をするのが最適なのだろうか?
この辺りは諸説多々あるのでしょうが、とりあえずは自分にとっての「時間帯による作業効率の差異」について考えていました。

朝は生産性が高い作業をする方が良さそうかも?夜は創造性を必要としないルーチン作業とか?
安定して同じ時間を取れるのは朝か夜か?
そんなことを考えた結果、私にとってはこういうことなのではないか?という一応の結論が見えたので、図にしてみました。
それが冒頭のイラストです。

1が最もモチベーション(やる気)が高く、4に行くに連れて下がっていきます。
一番やる気があるのは平日の朝、一番やる気がないのが平日の夜、ですね。
そしてそれを踏まえた上で、私に取ってのベストはこれ!
やる気に溢れた朝は、創造性、生産的な作業を優先的に。
妄想に浸りやすい夜は、頭を使わず出来るルーチン作業を優先的に


これはあくまで私の場合。人によってまちまちだと思います。
私は朝にめっぽう強くテンションが高いので、何か前向きなことを考えるには最適な時間。出社時間という時間の終わりが明確なので、時間内に終わらせようという意識も高くなりやすいです。
逆に夜は、あれこれと妄想に思考が向きやすいため、思考する作業を行うにはかなり不向き。
一日の疲れやネガ思考が溜まっているので、後で後でと先延ばし根性が出てしまうことも多いです。時間の終わりが、自分次第でいかようにも先に伸ばせることも、ちょっと問題。

そういった背景を踏まえて、上記の図解になったわけです。
例えば朝は、新しい企画を考えてみたり、マインドマップで思考・情報の整理をしたり。
夜は、レシートを家計簿に打ち込んでみたり、作りおきの料理を作ってみたり。
夜に生産的な作業を行うことも勿論ゼロではありませんが、積極的には予定を入れない方向で行こうかと思います。

自分の心身的な傾向に合わせた作業内容を行えば、より一層効果的にタスクをこなせるようになるはずです。
ただそれには、タスクのアクションプランの明確化が必須になってくるだろうとも感じました。

タスクがアクションプランになっていないと、振り分けができない

先に述べたように、朝と夜とで「生産的な作業」「ルーチン作業」を朝か夜かで振り分けてみるとします。
そうなったときに、さてタスクが「ファイルの整理をする」というものであったならば、どちらに振り分ければよいのでしょう。
ファイルの整理をするという単調作業は、ルーチン作業?
いやでも、ファイルをどういう状態にしたい整理するのか、整理してどうするのかをまず決めないといけないから、生産的な作業かも?

このように、やりたいことのくくりが大きすぎると、どちらに振り分けるといいのかが明確になりそうにありません。
しかしタスクをある程度アクションプランレベルに分割して落とし込んでおくと、時間帯別の振り分けが明確になります。

やりたいこと「ファイルの整理をする」
    タスク1「ファイルの分類基準を決める」→考えることなので、朝にやる
    タスク2「ファイルを基準に従って整理する」→見たままをこなせばいいので、夜にやる

このように、
・時間帯別の作業効率の傾向を知る
・タスクをアクションプランに分割しておく
の二つが共に達成できることで、より一層の作業効率のアップが目指せる
のではないかと思います。

まずは上記の図解の様に、自分にとっての時間帯別の傾向を知ることから始めるとよさそうです。
その上で、
今の自分はこの傾向に合わせた作業を出来ているか?
傾向に合わせて割り振りが出来るようなレベルにタスクが落とし込めているか?
を考えると、自分の時間管理とタスク管理が同時に見直せて一石二鳥、かもしれませんね!

短時間睡眠ってどうなの?

ちなみに参考までに、最近の私のねむログのログはこんな感じ。結構バラけてますね~。後半になってようやく安定してきています。


早起きと短時間睡眠は完全に私の趣味なので、普通の人は真似しない方がいいと思います(笑)
私は3時くらいに起きた時の、あの「まだ朝でもないけど夜でもない」感が好きなんですよね~。
まあそもそも、ここまで極端な睡眠が出来る出来ないは、体質によるところが多いですしね。短時間睡眠がいいとはとても言えないです。

ちなみによく、早起き・短時間のコツを聞かれますが、私の答えはただひとつ。
「できるという思い込みを持つ!」
これだけです。まず体質ありきで、それに加えて思い込みがあると出来るのかも。

早起き短時間睡眠が、誰彼にとってもベストとはとても思えないので、必要がなければ無理にやる必要も全くないと思います。
夜にベストパフォーマンスな状態を持ってこられるなら、夜メインの生活すればいい。たくさん寝ただけ、起きているときに頭が働くならば、どんどん寝ればいい。
私は夜の作業効率がダメな分、朝の比重を高くしたい。そのための手段が早起き短時間睡眠である、というだけなのですよね。
「短時間睡眠がいい」のではなく、「時間をどう作り出し、作り出した時間をどのように活用するか」が大事なので、そこが明確ならば、別に短時間睡眠にこだわる必要も全くないと思います。
短時間睡眠だと早死する、みたいな話もありますし(笑)
まあ、無理やり短時間なのと、体質的に早起き余裕な短時間だと、精神的なダメージが全然違いますからね~。

編集メモ

参考までに、今回のブログ記事を書くにあたって書いたマインドマップです。
あっ、こういう記事を書こう!と思って、会社の休憩時に一気に走り書きしたので、字が汚い…。
ある程度記事の方向が見えるので、マインドマップでネタを整理しておくと結構いいです。
とはいえ、実際にテキストを打ち込んでいくとどんどん脱線していくんですけどね~。


スポンサーサイト








「東京ライフハック研究会」の、「タスク管理分科会Vol3」に参加してきました。初、東ラ研!
上記が、その時に描いたメモマインドマップです。色々と走り書きしていたりでアレですが、まあこれはこれで生のメモっぽいですよね、きっと。
流れとしては、まずHacks for Creative Life!の北さんのトーク「目標策定と行動への落し込み」について。そしてその後に、グループワークとしてGTDの流れを軽く実践するというものでした。

週末に悶々と考えていたこともあって、(参考:"やりたいこと(プロジェクト)"と"タスク"の見分けをどうつけるべきか ) テーマとしてはとても興味深く、また気付きのあった時間でした。
北さんのトークもとても参考になりました!
実際にどのような考えのもとで、どのようなツールを使っているのか、ということを伺い知れるのは楽しいですね。

他人の目標にダメ出ししやすいのは何故か

それにしても、年間目標を各自発表してシェアしていた時に感じましたが、いかに他人の目標にツッコミやらダメ出しをすることが容易なことか、と。
自分と似た目標を抱えている人に対して、ああすればどうだこれはどうかな、と、アイデアが出る出る。
これが自分で立てた目標であったとしたら、果たして同じようにダメ出しできるかと考えると、多分そう上手くは出来ないんじゃないかなあと思います。

思うに、他人の背景を知らないからこそ何とでも言えるんでしょうね~。
背景、状況、心境がこうである、だからこれは出来ないのだ、という逃げ道を持ち合わせていない、とでも言いますか。
だからこそ、目標に対してフラットな目線で、ああだのこうだのと言いたいことを言えるのではないか、と感じました。

自分の目標を、自分のものとして考えることは当然必要だし、大前提だとは思います。
その前提があった上でさらに、それを他人の目標として客観視し、ダメ出しやアイデア出しをすることも必要ですね。
自分の背景、状況、心境を目標から切り離し、考える
もしもこの目標を、友達が自分に相談してきたとしたら、自分はどうアドバイスするだろう?
そんなことを常に考えられると、目標の解決案と同時に、自分の言い訳の素となっている問題点も見えてくる、そんか気がします。

そんなの常識じゃないか、と思う方もいましょうが、常識を知っていても、常に意識できているとは限らないわけで…。
こういう勉強会を機に、自分の知っている筈の認識や思いを再認識する。そしてそれをこうしてアウトプットする、ということは、自分の記憶や知識の見直しにもなって、非常に有益なことですね~。
既に自分の中にある知識と、新しい知識が融合されて、新しい気付きに昇華するのもまた楽しい。

GTDをもう一度学んでみようかな

GTDは、以前に本を読んだけど、上手く回せないままになっています。今年は改めて、本を読み直して学び直そうかと思いました。
自宅の本棚で「はじめてのGTD」が眠っています。「ストレスフリーの整理術 実践編」というのも出ているんですね~。こちらも、はじめてを読みなおした後、手にとってみようかな?
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン,田口 元

二見書房
売り上げランキング : 412

Amazonで詳しく見る
ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法
デビッド・アレン,田口 元

二見書房
売り上げランキング : 1459

Amazonで詳しく見る

編集メモ

北さんの処女作となる、このEvernote本も気になったので予約しました。
Evernoteは、人によって使い方が本当に千差万別なので、そのまま真似するというより、自分の中で、いかに他の人の使い方を応用していけるかがポイントなのかなと思っています。
この本は入門書ではなく、「Evernoteを中心とした情報整理システムの構築」をゴールとした本らしいので、私のニーズに応えてくれそう。発売が楽しみです♪
Evernote 情報整理術 (デジタル仕事術)Evernote 情報整理術 (デジタル仕事術)
北 真也

技術評論社 2011-02-09
売り上げランキング : 2865

Amazonで詳しく見る





昨年から引き続きの自分の課題として「タスク管理」と「時間管理」のプロセスを明確化して効率化を図る、ということがあります。
しかしなかなか打開策が生まれず遅々として解決ヘ向けての進行がなかったのですが、「好きでいたいから、ルールを作る! -スピードハック総決算2010セミナー感想- 」で感想を書いた、スピードハック総決算セミナーに出てから、大きく課題解決の進行度が進みました。

しかし私の中でなかなか決着がつかない問題として、
「"やりたいこと(プロジェクト)"と"タスク"の見分けがつかない」というものが残っており…。

タスクは、
 ・行動すべきことが明確である
 ・完了した事実が確認できる


ことだと頭では分かっていたのですが、実際にはなかなかしっくり来る見分け方が難しく、これといった明確な解が自分の中で得られていませんでした。

そこでとりあえず、「タスク管理」「時間管理」のプロセスを先に考えることにしました。
そのプロセスを書き出して整理していく中で、突然パチンとパズルのピースがはまる音が!
そうか、こういうことだったのか!と、自分なりの「"やりたいこと(プロジェクト)"と"タスク"の見分け」についての解が突然見えたのです。

以下、ざざっとイラストで「やりたいこと」と「タスク」の関係性を書き出してみました。
どういうことかを簡単に説明してみます。
あくまで私の中で考えた話なので、まあ参考程度に聞いて頂ければ。

What、Do、Howのプロセス・関係性とは?




[前提]
    ・思いついた「やりたいこと」=What (アクションプランが明確でない)
    ・行動に移すための「タスク」=Do (アクションプランが明確、完了すると消える)
    ・解決策やアイデアを考える=How (どのように?を考える)
    ・Whatが全てDoに変わり、Doをゼロにすることが最終目標(Whatの達成)

[プロセス]
    (1)Whatを、「それはすぐに行動できることか?(アクションプランが明確か)」と判別。
    Yesであれば、「Do」に、Noであればそれは「What」のままに。
    (2)Whatに「How」を掛け合わせる。
    (3)Howを掛け合わせた結果、Whatが「Do」ないし、別の「What」に変化(分解)する。(1個~複数)
    (4)残った「What」は、さらに「How」を掛け合わせ、DoやWhatに変化(分解)していく
    (5)最終的に、Whatが全てDoになり、Whatが消える→Doが消える という流れが起こる

自分で書いておいてなんですが、わかりづらくてすいません。
結論としてはつまりこういうことです。

★「Howを考える必要の有無」が、"やりたいこと"と"タスク"の線引きになる!

実際に例を上げてみる

例えば、最初のWhatが「結婚したい」であったとします。
これは、「アクションプランが不明確」なので、DoにはならずWhatのまま。
そこで次は、この「結婚したい」というWhatのHowを考えていきます。

考えた結果が、
「〇〇さんに、いい人を紹介して欲しいとメールする」
「自分に自信を持つためにダイエットする」
だったとします。

前者のメールについては、アクションプランが明確なので、これは「Do」。
しかし後者のダイエットは、「で、結局何をするのか?」というアクションプランが不明確なので、これはまだ「What」の段階止まりです。

そこでさらに、「自信を持つためにダイエットする」というWhatのHowを考えます。
そこで出た答えが、「朝起きたらラジオ体操する」「毎朝体重を測ってノートに記録する」「友達と勝負する」となった場合、「ラジオ体操」と「体重記録」は、何をするのかが分かっているので、ここで「Do」になります。
ですが、「友達と勝負する」は、「誰と?いつまでに?どうやって?」など、やっぱりまだアクションプランが不明確なので、これまた「What」。
今度は、この「友達と勝負する」についてのHowを考える必要が出てきました。

…と、このように次々と「Whatに対するHowを考える」ことで、WhatがどんどんDoに変化していきます。
最終的に、Whatがゼロになり、Doもゼロになってようやく、最初のWhatが達成(完了)となるのです。

まとめるとつまり、「「Howを考える必要の有無」が、"やりたいこと"と"タスク"の線引きになる」理由は、
「DoにはHowが必要ないので、Howを必要としないものは”タスク”である」という考えの元、ということですね。

Howはどうやって考えるのか?

ここは、マインドマップと智慧カードの本領がフルに発揮される部分です。
智慧カードについては、過去の記事(マインドマップ×智慧カード=アイデア発想!)をご参考に。
どの様にHowを考えていくかに興味のある方は、マインドマップビジネスマスター講座|柔軟な思考・発想編などで学ぶことも可能ですのでよろしければ是非~。

智慧カード2
智慧カード2
posted with amazlet at 11.01.22
株式会社マグネットデザイン
売り上げランキング: 16144

編集メモ

ちなみに何故、「How」という点をとっかかりに「"やりたいこと"と"タスク"の線引きができる」という気づきを得たかというと、会社で延々と、この「Howを考える」というテーマについてやっているからなのですよね。
昨年度から引き続き今年度も、引き続きこの「How」、つまりは創造性やアイデア創発の手法、そしてマインドマップについてを、ひたすら追求していく年になりそうです。
面白いテーマであり、会社でミーティングしていると、まるで講座を受講しつつ、同時に講座をしているような気分になってきます(笑)
仕事もして・勉強にもなって・自分の身になる!一石三鳥?いや多分四鳥五鳥くらいも行ってる気がする…。

ちなみにタスク・プロジェクト管理と、時間管理については、toodledo・Evernote・TaskChuteの3つを主軸に据えて実践していく予定です。
そのあたりもまたおいおい記事に出来ればいいなと思っています。これらは実際に上手く回りだしてからになるので、もう少し先の話になりそうです。





先日、PrintWhatYouLikeというサービスを知りました。
これは、「ウェブページを、必要ない部分をマウス選択で消したり、一部を抜き出したり出来て、自由なレイアウトに変更できる」サービス。
ウェブページを印刷するときに、無駄なヘッダーやフッター・広告を消したり、この表だけ印刷したい!なんてときにとても便利です。
と、印刷に使えるなあ、なんて思っていたのですが…。

Evernoteのクリップに使えるのでは?


私の「このサービスすごいよー」というツイートを見た淺田さんから、Twitterで
PrintWhatYouLike、印刷じゃなくてEvernoteに保存する時も便利そう。必要なところだけ切り出したいときとか。
と言われたのがきっかけ。「その考えはなかった!」と、早速試してみました。例は、当ブログの新年の記事を使いました。

まずこれが、ブログに設置してある「Evernoteクリップボタン」でクリップした例。このくらい綺麗にEvernoteにクリップできるのが理想ですよね。冒頭から情報が読める状態。




で、これがウェブブラウザ(私はGoogle Chrome)の拡張機能を使ってクリップした例。



ヘッダーの情報が一緒にクリップされてしまっています。本文はこの下の方に入っているのですが、その更に下の方にサイドバーの情報も読み込まれており、目も当てられない状態です。
しかし、クリップボタンのないブログをクリップしたい場合、大抵こういう形になってしまいます。クリップした後に削ったり、情報をノートに自力でコピペする方法もありますが、面倒くさい。

そこで、PrintWhatYouLikeの出番です。

一部だけ切りだして、Evernoteでクリップ!


まず、ブックマークレットをブラウザに登録します。
このように上記のリンク先のここから、ブラウザのブックマークツールバー部分にドラックすればOK!



そして、クリップしたいウェブページを開き、ブックマークレットをぽちり。
すると、こんな風に左にパネルが開きます。難しい英語がないので、パネルの操作方法は触っていけば分かると思います。



で、パネルを開いたままウェブページにカーソルを当てると、赤い枠で色々選択できるようになっています。
その枠でどこかを選択したままクリックすると、以下のように選択部が黄色くなり、操作メニューバーが開きます。



いくつかメニューがあるのですが、今回Evernoteへのクリップで主に使うのは左二つ。
「lsolate」 選択部分のみが表示される
「Remove」 選択部分が削除される。Deleteキーでも実行可能。
黄色く選択された上記の状態で、「lsolate」をぽちりとやると、この通り!
見事に、ブログの記事部分だけが表示されました。



ブログの作りによっては、この下の方に色々と残っている場合もありますが、クリップ時にはあまり気にしなくてもいいかもしれません。下まで見なければ済む話ではあるので。
とはいえやはり気になるようであれば、これはクリップ後に削除するか、「Remove」で削除してしまいましょう。
ちなみにカーソルのドラッグで範囲の複数選択も可能なので、まとめて消すこともできます。




尚、左の操作パネルが表示された状態でEvernoteのクリップを行うと、PrintWhatYouLikeの操作パネルもクリップ対象になってしまうため、クリップ前にパネル右上の[☓]を押してパネルを閉じておきます。
そしてEvernoteのクリップを行うと…このように、綺麗に情報だけをクリップすることが出来ました!




操作まとめ


手順をまとめると、こんな感じ。

(0)ブックマークレットを登録する
(1)欲しいところを選択する
(2)「lsolate」をクリック
(3)操作パネルを閉じる
(4)クリップ操作を行う


わずか4クリックで、きれいなクリップを行うことが出来ました!
Evernoteのバージョンアップで、ある程度クリップの精度も上がってきてはいるようですが、それでもやはりなかなか欲しいところだけをクリップするのは難しい。とはいえ、クリップ後にノートを触るのは面倒くさい…。
そんな需要を、このようにPrintWhatYouLikeを使うことで満たすことが可能です。いや~、素晴らしい!淺田さんありがとう!
おかげで、ますますEvernoteのクリップに力が入りそうです。クリップした情報をどう活用するか、が目下の課題ではありますが(笑)







2007年3月にブログを始めてからもうすぐ4年になります。
今回、ブログのデザインを大幅に変更したこのタイミングに合わせて、ブログ名の変更に踏み切ることにしました。

今まで→「マインドマップ1年生plusフォトリーディング!」

新タイトル→「マインドマップ1年生plusライフハック!」


マインドマップをベースにしたブログ内容であることに変わりはありませんが、ツール自体よりもむしろその活用法に特に着目した内容を中心に更新していこうと思います。
現状そういう方向のブログ内容になってきているので、運営の方針にタイトルを合わせたというのが正しいですね。
別にライフハックというネーミングである必要性が強くあった訳ではないのですが、これが一番当てはめやすいネーミングだったので、これで。
もしかしたら今後は、plus以降が状況に応じて変わっていくのかもしれません。
はっ…、となると最終的には「マインドマップ1年生plusやまもとさをん」に行き着くのかも?(笑)
どちらにせよ、基本的には「マインドマップ1年生」という風に呼んで頂ければ問題ありません♪

ちなみに「もう1年生ではないのでは?」という疑問には、「いつまでも初心忘るべからずの精神で」という意味と、「もうこのネーミングで定着してしまったので」という理由の2つが答えということでひとつ。
年を重ねるごとに進級していくアイデアが当時は一応あったんですけどね~。

また、デザインの変更に合わせて、個別記事の修正(デザイン修正、カテゴリ・タグの整頓)を随時行っていきます。
しばらく不具合あるかもしれませんが、もしも見つけましたらご一報頂けると嬉しいです。

今後とも引き続き、何卒よろしくお願いいたします!





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。