2010年04月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





5月のマインドマップカフェの申し込みを開始致しました。
5月は平日2回、休日1回の計3回!

第6回 5/7(金)19:00~
第7回 5月23日(日)18:00~
第8回 5月31日(月)19:00~

詳細やお申し込みは、公式サイトにてご確認下さい。
http://mindmap-elab.com/mmcafe.html



【マインドマップカフェ概要】
場所 帝国劇場 地下2階 神戸大学東京オフィス(@日比谷)
http://www.mindmap-elab.com/mmcafe.html#2_2
会費 4,000円(休日開催)3,000円(平日開催)
(お釣りのないようにしていただけると助かります。)

【スケジュール 概要】
第1部 ミニワークでミニマップを体感
カフェ開店挨拶
1.ミニマップ・ミニミニワーク
2.ビジネス現場でのマインドマップ活用者 インタビュー

第2部 マインドマップを通じて交流しよう 
普段書いている自慢のマップを見せ合ったり、
実際の活用事例を紹介し合ったりしよう。 

注)平日開催の場合には、第1部の2を実施しません。



皆さんにお会いできるのを楽しみにしています♪
スポンサーサイト









先日、全脳思考のイントロダクション講座に参加して来ました。
その時に書いた全脳思考チャートの一部がこんな感じ。
3時間予定が4時間に延び、その上二次も4時間位やったという、なんとも濃い一日でした。

全脳思考とは何か?
カンタンにいうと、
誰かを120%ハッピーにするためのフローを想像し、そのために自分が出来ることを考えて行く」って感じかなー。
詳細は以下の本で知ることが出来るので、是非。
しかし実際のところ、この本を読んでも具体的な書き方、使い方がイマイチよく分からなかったのですよね。
今回講座を受けてみて、ようやく腑に落ちました。

全脳思考
全脳思考
posted with amazlet at 10.04.26
神田 昌典
ダイヤモンド社 (2009-06-12)
売り上げランキング: 1090


指導してくださったのは、マインドマップやフォトリーディングのインストラクターでもある石ケ森さん。
そもそも私が全脳思考に再度興味をもった理由って、石ケ森さんがTwitter で全脳思考のことを頻繁につぶやいていたからなのでした。

ワークの中で、石ケ森さんがファシリテーターとなって、ホワイトボードに全脳思考を広げていったりもしました。
ちなみに課題は、「私は引越しをすべきか否か」。
で、課題の対象は私なんですが、幸せにする対象は私ではなく、うちの社長を想定して考えています。
この、自分ではなく別の誰かの幸せを想定する、というのが全脳思考の特徴ですね。
自己的では無く利他的。
誰かのために、と考えることで、新しい視点やイメージの広がりを得ることが出来ます。




実際に体験してみて、全脳思考はジーニアスコードととても似ていると実感しました。
人が幸せになるプロセスなんて、はっきり言ってただの妄想です(笑
でもその妄想を自分なりに紐解いて、ストーリーに解釈を加える。まさにジーニアスコードも同じ過程を踏みます。
夢占いの答えが決まってない版、みたいな感じだと考えると分かりやすいかも?
私は妄想するのも、勝手に何かに意味を見出すのもとても好きなので、全脳思考の考えはとてもしっくり来て楽しいです♪

イントロダクション後も、マインドマップ手帳にちまちま全脳思考チャートを描いています。
マインドマップ手帳が、サイズ的に丁度いいのです~。
出てている本だけじゃ、書き方は全然分からなかったので、今回インストラクションを受けてみて良かったです。
実際、本の内容から物凄くパワーアップしているとのこと。
興味のある方は、まずはイントロダクションから受けてみてはどうでしょうか。
Twitterで石ケ森さんが語っていたりもするので、そちらでスケジュールなど確認してみてもいいかも。
マインドマップとはまた違う楽しさがあるので、触れてみると面白いですよ!

 ・石ケ森さんのブログ「石ヶ森久恵のブログ
   マインドマップからフォトりから、幅広くタメになる記事が大量です!
 ・石ケ森さんのtwitter







私が挿絵を描かせて頂いた、IT向け勉強法がGW明けの5月7日に発売になります!
上のイラストは、描いたけれどボツになったものをお蔵から引っ張り出し。

IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」

技術評論社 2010-05-07
売り上げランキング : 105083

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルこそIT業界向けになっていますが、内容は分野問わず活用出来るものになっています。
流石に事例やたとえ方、インタビューなどはあちら業界に特化はしていますけれど、それはそれでIT業界の話題を垣間見れて面白い。
と、全くITとは縁もゆかりも知識もない私が言うのだから間違いないです(笑

また「家庭を持っている人の勉強の仕方」という目次もあり、これは家庭を持っている方にはとても参考になるのではないかと思います。
こういう切り口の記述がある勉強本って、珍しいのではないかと思います。

是非本を手に取って頂き、内容を読み込む合間にでも、私のイラストをちらっと目に留めてもらえると嬉しいです(笑
1ページぶち抜きで描いた、勉強会実施についてのイラストが一番お気に入りです♪









春だから!新年度だから!
今度こそマインドマップでダイエットを成功させよう~!

ということで、度々言っている割にさっぱり実行に移せていないダイエットですが、改めて本気で取り組むことになりました。
描くだけで変わる!マインドマップ・ダイエット」の著者でもある、マインドマップイントラクターの鈴木孝枝ちゃんと食事しながらわいわいと盛り上がったこともありまして。

ただダイエットと言っても、目的は「痩せる」ではなく「綺麗になる・生活習慣を改善する」ことが第一。
これを達成する中で、同時に痩せることが出来ればいいなと思っています。
一時期無理をして痩せても、その生活を維持することが難しいのは体験談から重々承知なのです~。
なので、長期的に自分の生活リズムを整えて、心も体も綺麗にしたいなーと思っています。

で、記事冒頭のマインドマップが、「描くだけで変わる!マインドマップ・ダイエット」を読みながら描いたマインドマップなのです。
上4枚(内容はちょっとヒミツ)はそれぞれ、「感覚」「食事」「サプリメント」「なりたい自分」をテーマに描いたマインドマップ。
で、それら4枚を集約したのが下のマインドマップになります。
このマインドマップをiPhoneに突っ込んで、常にマインドマップの内容を意識できるようにすれば準備完了!
後はマインドマップ通りにのんびりと、生活習慣への意識を変えて行きます。

ダイエットと言うと、食事方法や運動方法を指定されて…というイメージがありますが、マインドマップダイエットでは「どうやって痩せるのか」は自分で決めます。
ダイエットプログラム作成のためにマインドマップを活用する、といえばイメージが付き易いかも?
私の場合「食事に対する意識・食事のとり方」の改善が特に必要なことに、マインドマップを描いてみて気がつきました。
本を参考にマインドマップを描くと、色々と自分の中にある
「ダイエットへの障害となっていること」「ダイエットに必要なアイテム・メンタル」などがみるみる紙の上に広がってきます。
こういう意識的なところから洗い出すと言う点でも、マインドマップ・ダイエット自体が「痩せる」ではなく「綺麗になる・生活習慣を改善する」ことに適した方法なのだな~と思います。
とりあえず食事制限!なんて痩せ方では、どこかで崩れると一気にリバウンドしちゃいますもんね。

外装や中身など、女性向けの雰囲気の本ですが、勿論男性でも活用出来ます!
暖かくなってきましたし、これから薄着になっていく時期に向けて、そして長い目で見て健康のために、あなたもダイエットしてみませんか?

描くだけで変わる!マインドマップ・ダイエット
描くだけで変わる!マインドマップ・ダイエット鈴木 孝枝

おすすめ平均5つ星のうち5.0
5つ星のうち5.0マインドマップを描くためのうまい仕組み
5つ星のうち5.0ココロの贅肉をダイエットして、キレイになる☆
5つ星のうち5.0いきいきした自分になる方法
5つ星のうち5.0やせたかったら「脳」をコントロールしなさい!
5つ星のうち5.0男性でも使えるダイエット本


Amazonで詳しく見る





twitterは不思議なもので、何故か自分でも「何故自分からこんな言葉が」って思うような言葉がポンポン出てきます。
何というのかな、思いついたことをとりあえず文章化出来る瞬発性がいいのかもしれません。
ちらっと過ぎった言葉をむんずと掴みとって、よいしょー!っと引きずり出すに丁度いいと言うか。
私に限らず、色んな人が「おっ」と思うようないい言葉をたくさん呟いているのも、きっとそういうところに理由があるんだろうなあと思います。

で、つぶやきっぱなしも勿体無いので、自分の中で「お、自分いいこと言ってるじゃないか」的なところをポチポチとイラスト化していきたいなという訳でして。
前回(やりたい事を言いまくって、自分の夢を現実にすること)に続いて第2、第3弾目です。







”案外、自分が簡単に出来ちゃうこと、
当たり前にやっていることを
求めている人はいるものです。
自分の才を見つけ出してくれるのは、
自分自身よりもむしろ
周りの人のなことが多い”








”腐るほど(腐らせないけど)やりたいことを抱え込みたい。
その分だけ人生の楽しみが何十倍にも脹れ上がるから。
抱えたやりたいことが10だとしても、
それで得られる楽しみって10じゃきかない。
何十倍もの楽しみに膨れ上がるはず!”




前者は特に、東京に来たこともこの言葉に関係しているところもあって、強く思います。
周りが「すごいね!やってみない?」と言ってくれなければ、今の自分はないから。
自分では当たり前と思っていると、自分の持っているそのものの価値が分からなくなってしまいます。
その価値に気付かせてくれるのは、自分じゃなくて周りです。
自分にはない着眼点を持って、「それ、いいね!」って言ってくれる人、そんな人と付き合いがあると、相乗効果でお互い成長出来るのでいですね~。
自分の才を見つけてもらうのも嬉しいですが、人の才を発見するのも楽しいものです♪





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。