2009年04月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





マインドマップ企業研修の手伝いに出向いていた昨日でした。
久々のスーツでしたが、暑くて暑くてもう汗だく!まだ4月だとは思えないほどの暑さでした。

さてその企業研修の手伝い、前半2時間ほどだけ同席していました。
一番後ろで受講生さながら研修の様子を見ていたのですが。
ううむ、マインドマップに関する話は何度聞いても気付きがあるなあ、と感じました。
改めて「そういえばそうだった!」とハッとすることも多いですね。

そういえば会社での仕事上、マインドマップに関する資料を作成することも多々あるのですが、この作成上でも「ああー!そうだったのか!」とブレイクスルーが起こることしばしばです。
社内で行う、マインドマップを使ってのミーティングにしても、パラダイムシフトがガンガン起こったり。
仕事を進めるの中で、学び・気付きが絶えない日々です。

で、そういったきっかけで、久々に「ザ・マインドマップ」を読み返しています。

ザ・マインドマップ



ダイヤモンド社 [著] トニー・ブザン, [著] バリー・ブザン

2005-11-03 / ---位 /3.5

価格:¥ 2,310 [2009-04-10 Amache]


思い返せば2年前、一番初めに手にしたマインドマップ関連の本がこれでした。というか当時は関連本の種類が大してなかったので、選択肢が今ほどなかった気もします。
で、手には取ったがだがしかし!あの厚さと和訳文特有の文章に目がつるつる滑ってしまい、せいぜい「ルールの説明」「マインドマップの描き方」「活用方法の例」を”とりあえず”掴む程度の読み方しかしていませんでした。
いやでも実際、「マインドマップの描き方が分かればいいよね」という読み方しかしていない人、私以外にも絶対いるはず!と、思いたいのですが…いかがなものでしょうか。

まあそんな訳で、しかしそれは何と勿体ない事をしていたものか、と最近の気付きによって気付かされたわけです。
以前は読み飛ばしていた数ページの中に、どれほどの情報が凝縮されている事か!
でも正直、文章だけを読んでもピンと来ない個所も多いのですよね。
今読んで理解出来るのも、仕事での気付きを得た後だからという部分が大きいです。

いやしかし、同じ本でも、読んだときの自分の知識量や視点で、得られる情報量は段違いに変わりますね~。
まだ私は、マインドマップ海の表面辺りでバタ足をしている程度なのだなあと思い知らされました(笑
改めて「ザ・マインドマップ」から多くの気付きを得るために、じっくりと読み飛ばすに再読しようと思います♪
スポンサーサイト









先日日曜日に、横浜ベイクォーターにて休憩がてら立ち寄ったカフェでのメモです。
イラストやらその時の気分やら何やらを、ざくざくとメモ帳に描き殴るのは楽しいものです♪
横浜駅周辺に春物色々を買い物に行ったついでのベイクォーターだったのですが、横浜駅周辺の構造は訳分からないですね~。
店が多すぎて、ついでに人も多すぎて、迷うこと迷うこと!
地下街や隣接の商業施設(というのか)の構造が似たりよったりなのか、どこを歩いていても同じ所なような錯覚に…。
「あの店にもう一度戻りたいのに、どこが正解のルートなのか~!」と、混乱しきりでした。
方向音痴にああいう作りの空間はちと辛いものがあるようです。
横浜自体は近いし、お店もいろいろあるので、もっと色々探索してみたいところではありますねー。
中華街にも一度行ってみたいと思いつつ、いまだ行かずじまいなのでその内に…。神戸の中華街とどれだけ違うか楽しみです。

---以下雑談---
ブログなどなどご紹介です。

マインドマッパー仲間の淺田さんがいつの間にやらこんなブログを公開していたのでご紹介をば。
一生使える!東大生の勉強法&ノート術
マインドマップの話題もあるので、淺田さんのメインブログ「創造マラソン」とあわせてどうぞ~。

そしてもうひとつご紹介。
部活動恋愛道
こちらは会社の広島マインドマップ講座でお世話になっている、株式会社ミヤモト建築設計事務所の宮本さん主催のサイトです。
何やらうちの社長の矢吹が、3月末の広島マインドマップ講座と同日にあれこれこの部で語ってきたとかなんとか。
面白いコンセプトの活動ですよー、広島発信ですが、今後東京でも何かやってくださる事を期待してご紹介!
15日頃に色々と詳細が掲載されていくそうです。







今朝会社で行ったミーティングの際の議事録マインドマップです。詳細カバーのために縮小版で。
1人がホワイトボードに出てきた意見をだーっと描く傍ら、私はiMindMapでそのホワイトボードの転記+αを描いていたという感じの進行でした。
毎回そういう事をしているわけではありませんが、今回は内容が内容だったので転記をしたという流れです。
議題があれこれ広くあったため、マインドマップも必然的にぎゅうぎゅうになってしまってますね~。
真ん中上あたりに見える図解は、iMindMapのスケッチ機能で描き込んだものです。タブレット操作だと、こういう事も簡単に出来るので便利ですね~。

しかし度々言ってはいる事ですが、会議でマインドマップを使うというのは本当に便利です。
組織での共通言語としてマインドマップを使うことが出来ると、作業効率・情報共有などのスキルが向上するのは間違いありません。
今、「会社でマインドマップ使うの禁止ね」となってしまったら、ものすごーく困りますね。
個人で使うことが制限されるのも困りますし、こうして他人数で共有するためのマップが制限されるのも困りまくり!です。
意見が交錯しがちな多人数でのディスカッション時にマップを使うと、意見の偏り具合や漏れを俯瞰してチェックできます。

そして、「別のアイディアや議題が湧いて出たとき」の対応が楽というのも見逃せないメリットです。
ああだこうだと意見を出すうちに、新しいアイディアや議題が出てくるということはよくある事です。
そういう時にはメインブランチを新しく付け足してやり、そこからまたやいのやいのと描き始めればOKです。
新しいメインブランチが増えるときは、「既存の内容から派生したこと」である事が多いです。
そんな時、既存の内容を描いたブランチを再度眺めながら、新しいブランチをにょきにょき伸ばしていく事が出来る訳ですね。
これは、マインドマップ以外の記述では、対応するのがちょっと難しいのではないかなあ、と感じます。

しかしこうしてホワイトボード上にマップを描く場合に思うのが、「記述を転写できるホワイトボードがあるといいよな~」という事です。
ありますよね、そういうの。前の会社にはあった事を覚えています。たまにしか使われてなかったけども…。
デジカメで撮るというのもありですね。撮った画像を見易く加工すれば、それだけでも十分見れるものになるかもしれません。
最初から模造紙に描いて記録とするのも一つの手ですが、これは保管に困るので、用途によっては、ってとこですかね~。

とまあこんな具合に、多人数でマップを使うのは利便性もある上に面白いよという話でした。
組織でのマインドマップ利用の生の声はあまりネット上で見受けられないので、そういう例を紹介していけたらいいなあと思います。
会社で行っている研修の実例紹介も、もっと充実させたい所ですね。アンケートの結果から見えてくることもたくさんあるので、そういう所も含めつつ。
ちなみに今はこんな感じの導入事例や受講生の声を掲載しています。
 ※株式会社ラーニングプロセス・導入実例

---以下雑談---
今朝駅のホームへ向かったら、あれ、いつもより妙に駅員さんの指示の声が多いなあ?と疑問に思って気が付きました。
ああそうか今日から新学期だった!このホームから新しい世界へ羽ばたく人も多いから、そういう不慣れな人のための呼びかけなのでしょうね。
ちらほらと初々しさ漂うスーツ姿の人や、お店で新しい鞄を買い求める人を見たりもする今日この頃。
桜も綺麗に咲きそろい、一年でも特に心が躍るシーズンですね♪





自宅から会社まで、電車で通勤しています。乗っている時間は20分強くらいかな?
時間帯にもよりますが、ものすごいツメツメになる…って程の車内ではない路線です。
なので、立ちっぱなしで本を読んだりメモ取ったりも余裕です。ありがたや。
で、本を読むかメモするかでいうと、私は断然メモ派です。
電車に揺られながら行う思考の整理は、不思議といい感じに捗るのですよね~。

で、電車でメモをするという話題です。
ちなみに↓も電車の中で描いたものです。珍しく座れたので、座りながらですが。




メモ用に、無印良品の文庫本ノートを愛用しています。
ばばっとメモを取った後にちぎったりもするので、安いものを叩き潰して使うのが性にあっています。モレスキンなんて勿体なくて手が出せませんわ~。
マインドマップ手帳も持っているのですが、これも勿体なくて結局使いこなせていない私です。1日1レビュー的なマップの描き方をあまりしないので、使い方に迷っているという部分も大きいかもしれません。
紙の両面に描くとなると、電車の中ではちょっと描き辛いという理由もひとつですね。片手で支えるには、あのしっかりした表紙ではちょっと大変です。乱暴に扱って破れたりする勿体ないしー、とか思ってしまったりもして。
にしてもマインドマップ手帳の造りはめちゃカッコイイのです。紙の断面図も黒で、外観が完全に黒1色というシックさがたまらんですよね!

メモ用のペンはハイテックがやはり便利です。個人的には、メモ用には太さが0.4位がほどほどで使い勝手がいいです。
しかし3色までしかセットできないのがな~、4色位に増加してくれるとさらに便利になるんですけどね。
無印の6色ペンを改造すれば、ハイテックの替え芯をセットできるようになるのですが、6色は太すぎて持ちにくいのでそれはそれで使い勝手が微妙に…。

ちなみにメモマインドマップの一例です。おおよそこんな感じでメモしています。
例によって例の如く、内容伏せのためにぎゅっと縮小。



実は↓この本をたまたま手に取ったことがきっかけで、通勤時間の活用を改めて意識するようになりました。
この本はちょっと極論すぎる内容もあるのですが(通勤時間のために遠方に住むべき、だとか)、「通勤時間を活かす」ということに対するモチベーションを上げるのには良いかと思います。
毎日20分の往復で40分として、1週間5日勤務で200分は通勤時間ですもんね。有効に使わないと勿体ない!





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。