2008年03月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









よーし、勉強をして行こう!と、テキストを軽く流しながらマインドマップに書いてみた・・・のですが、ここまで書いた時点で「これはどう考えても入りきらない(A3サイズなのに)」と気が付いたのでストップ。分割して別紙に書き直すつもりです。
ちなみに元テキストは放送大学の「問題発見と解決の技法」です。しかし授業テキストといっても、ビジネス本との垣根はあなりないなあという印象。おかげでとてもとっつき易いです。

ところでこのテキスト内で「発想の手法」の一つとして、マインドマップが紹介されています。不意打ちでちょっとビックリしました。
でも例として掲載されているマインドマップがルールに沿えておらず、そこが気になりました。大抵こういう書籍で例示されているマインドマップって、悲しいかなルール無視なものが殆どの様に思います。うーん、まだ認知度が低いのでしょうかね。
しかし授業用テキストがそうなのはいかがなものか。参考文献にきちんと「ザ・マインドマップ」が挙げられているのにー。大学に意見だけでも出しておこうかなと思います。どうせならルールに従ったマインドマップを知って貰いたいですもんね。
スポンサーサイト





調子に乗ってしまった結果の山が、とうとう自宅に届いてしまった。
何のことかといいますと・・・1学期に選択した科目分の、放送大学のテキストです。
以前にも書いたように、申し込んだ時はまさかこの時期に開業するとは思っていなかった為、調子乗って7科目もとってしまった訳で・・・。でも興味があって、かつとっつきやすい科目を選んだ(つもり)ので、中をパラ見すると何とか行けそうな気がしてきました。今後勉強していくのが楽しみウキウキです♪
今後は放送大学の事についてもちょいちょい書いていく予定です。その結果、誰かの勉強欲に火を付けられればいいですね。モチベーションの連鎖反応!

とりあえず1学期の試験が7月末頃にあるのですが、まずは1年の計画をざっと確認しようとマインドマップに書き出してみました。





ちなみにセントラルイメージのバックにあるブルーラインは、放送大学の校章なんですよー。そして後々あれこれ追加できる様に、左下に空間を取っています。
そしてそして右上のブランチは新しく購入した「はいみどり」色なのですが、スキャンすると黒に見えますね。実際はなかなか好みの色合いです。
そういえばマインドマップ、今後は意識してサインと日付を入れていこうと思います。今までも書く事はあったのですが、しょっちゅう忘れていたので・・・。

さてマインドマップに書いている7科目が、今回私が選択したものです。一般知識寄りの科目が殆どで、まだ全く専門科目に踏み込んでいないのが分かると思います。
まず1学期は勉強ペースを掴む為に慣らしで勉強を進め、それから専門科目に取り掛かろうと思っています。社会・経済・教育・心理辺りの専門を中心に選択していきたいですね。秋頃に専攻の構成に変更があるようなので、それを見てまた考えていかなければなりませんが。
まあ何を勉強するにしても、自分のやりたい事をやるのみ!大学卒業は最終目的ではありますが、自分の知識を満たす事が結果として付いて来るような勉強をしていきたいと思います。

----以下雑談-----
明日でブログ開設1周年です。あれ、もう1年も経ったっけ?という程にこの1年あっという間でした。
間でよく更新が止まったりもしましたが、何だかんだで1年続けて来られた事、そして開業にまで至った事を祝おうと思います。
ちなみに1年経ってもブログのタイトルは「マインドマップ1年生」のままです(笑)。以前は1年経つごとにプラスしていく事を考えていたのですが、このタイトルで定着している事と、いつまでも初心忘れるべからずの気持ちでこのままのタイトルで行きます!
マインドマップは2年生になっても、人生常に何かの1年生ですしね~。今年は事業主1年生で大学1年生で・・・うーん、1年生って初々しくていい響きです。
 









ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社様が掲げているミッション『教育維新』について書いたマインドマップです。
昨年秋にマインドマップインストラクター募集があった時に、「マインドマップインストラクターが起こす未来」という表題で掲載されていたPDFファイルが元ファイルです。私はその時に保存していたのですが、今でもどこかで見られるのかな?
公認インストラクターの方の持つべきビジョンや信条について書かれたものですが、私のような一個人にも適応できる内容だと思います。
ちなみにインストラクター募集要項もしっかり保存しているのは余談。

神田先生はインタビュー等の色々な場で「教育維新」について話されていますが、本当に素晴らしい理念だと思います。
今の私は人生経験も浅く知識の蓄積も然程あるわけで無し、正直なところ小難しい専門的な話はさっぱり分かりません。
けれどもこの「教育維新」というビジョンに共感し、そしてその達成の為に力を尽くしたい!という思いだけは本物です。
だからこそもっと知識を広げたい、勉強して自分の可能性を伸ばしたい!と考えて、この春から放送大学生にもなる訳ですね。勉強の楽しさを自ら実感する事で、その楽しさをまた別の人に伝える為の土台も作り出せます。
とはいえ当然、先頭を走る神田先生やインストラクターの方々と同じラインで走るに至ることはかなり無理な話です。そりゃそうだ。
でも別に、同じビジョンを目指す為に必ずしも同じ路線から進む必要はない訳です。むしろ私は私でしか成し得ない事で貢献した方が、追い掛けるよりも俄然効果的で効率的。
だったらやる事はひとつです。自分の路線でマインドマップを書いて書いて書きまくる!多分それが、私がマインドマップと出会った理由のひとつなのだろうと思います。
自分の中にすっかり埋もれていたイラストという能力を引き出し、そしてそれを活かす場まで与えてくれたマインドマップ。だからこそ、私はマインドマップ普及をライフワークとして活動していきたいと思います。

ちなみに私が何故ここまで教育維新に共感するのかという理由がひとつ。
イジメ問題に歯止めを掛けたいんです。イジメ自体を完全に絶つ事は無理でも、それが原因で自殺する子供をゼロにしたい!!
いやー、実は私も過去に結構いじめられてきた経験がありまして・・・。だからこそ、イジメが原因で自殺する子が多い事が本当に悲しい。そして自殺しか選べなかったその心境を思うととても悔しい。
私には「人間死ぬとき、プラスマイナス差し引きしたらプラスの方が多い人生になっている筈。だから自殺したら勿体無い」という、小学生の頃からずーっと持ち続けている、何の根拠も無い割に固く信じている持論があります。
だから過去どんなに辛くても、自殺を考えた事は殆どありません。一瞬頭を過ぎっても、この持論が勝つのですぐに消え失せる程度でした。

でも自殺という手段を取るしかなかったこの気持ちも良く分かるんです。
よくテレビで評論家気取りの大人が「親や先生に相談していたら・・・」と言っていますが、あれはいじめられた経験の無い人の言葉だなあと思うんですよね。
言える訳が無いんです。子供にだってプライドと、迷惑を掛けたくないと思う心があるんです。
大人の自分の立場に置き換えれば分かる筈なのに、対象が子供となると考えが及ばないんでしょうね。自分が職場や地域でいじめられたとして、親や友達にその事を迷わず言えますか?私にはとても言えません。言える人もいるだろうけれど、真面目な人であればある程言えない筈。子供だって同じなんです。
ではどうするべきか。私の考えは「相談を聞いて上げられる第三者の存在を子供に周知させるべき」です。しかし相談ホットラインでは、はっきり言って子供にとっては敷居が高すぎる!あそこに電話出来る子供が果たして何割いるものか。多分1割もいないんじゃないでしょうか?
ならば他にどうするんだかという話ですが、それはそうあっさり解決策が出るわけも無く・・・。
けれどもこの「教育維新」というビジョンを知って「これだ!!」と感じました。今は明確な解決策が見当たらなくても、このビジョンを推し進めていく中で何か光が見える筈。
例えばマインドマップを導入する事により、子供たちの協調性が取れるようになれば、イジメ自体が減るでしょう。言葉に出来ない思いをマインドマップに書くことが出来れば、子供の胸の奥に秘めた悲しさや闇を知りうる可能性も高くなります。
マインドマップにはまだまだ無限の可能性があり、それがきっとイジメ解決の一端にも繋がる筈です。
だから、私はマインドマップを広めたい。教育維新を達成したいんです。そして子供だけでなく、勿論大人にもその素晴らしい力を広めて行きたい。
今は些細な力しかなくても、その思いがあれば必ず何かを動かせる事と信じています。そして一人でも多くの人に幸せを届けられるならば、それはとても素敵な事ですよね。
頑張りたいと思います。どんな形であれ、私がやれることは必ずある!

勢いで書いたらちょっと気恥ずかしいテキストになっちゃいました。
でも本心です。もっと本心を穿り返すと、多分どんどん口が悪くなるので控えます(笑
 





2008年5月10日(土)、東京にて「トニー・ブザン来日記念・教育カンファレンス」が開催されます。
告知ページはこちら。http://www.imindmap.jp/0805event/
ブザン教育協会経由でチケット先行予約がありましたので、案内メールが来た直後に速攻申込。一般販売は4/1からのようですね。
生のブザン氏を見られる機会なんて、次いつ来るか分かりません。行かなきゃ後悔する確率100%!直接お話し出来るチャンスがあればいいですが、まあそれは贅沢な願いというもので。
同時にマインドマップコンテストなる物も実施される様なので、こちらも合わせて楽しみです。勿論自分も参加しますし、他の方の描いたマインドマップが見られるという点でも嬉しい試みです。今からワクワクですね♪

ちなみに去年はマインドマップ基礎講座とiMindMap記者発表会で2回東京へ行き、そして今年は5月で1回。さて今年は後何回東京へ行く事になるでしょう。
私の場合「東京へ行く=大きな出来事がある」という公式が成り立つので、東京に行く機会があればある程喜ばしい訳ですね~。
この調子で東京へ行く事になれば、JRのJ-WESTカードを有効活用出来そうなので、申込書を取り寄せてみました。年会費も一度の東京行きで取り戻せる額なので問題ないですし。
今年からは放送大学の学割も使えるので、学割も様々な場面で活用していきたいと思っています。

しかしつくづく、もっと交通の便のいい所に住みたいよー、と思います。
メインの利用駅が山陽本線にあるので、その点ではまだ恵まれてはいるのですが・・・都会からの距離が遠い!そして本数が少ない!家から駅まで車で20分強、ちょっと遠い!
なので私は決めました。
さをん屋での収入が一定ラインを超えたら今の仕事を辞めて、そっち一本で行きます!そしてそれと同時に神戸に引っ越します!
大阪ではなくてあくまで神戸、何故なら兵庫県が好きだから~♪
その日がいつになるのやら、今はさっぱり見当が付きませんし、一定ラインをどこへ据えるのかという問題もありますが、目下の目標として宝地図に貼り込もうと思います。
明確な目標があれば、達成も早い!そしてアクションも起こしやすい!
まずは神戸の情報収集からですね。物価が安くて交通の便がいい所があるといいなあ。

-----以下雑談-----
ブログのデザインを先日変更した訳ですが、環境によっては左カラムが落ちている様です。
自分の環境では問題なかったのですが、IE6.0の環境で見たら偉い事に・・・。どひゃー。
近々修正をしようと思いますので、それまでしばらくお待ち下さい。
おかしいなあ、自分のPCではIEで見ても問題がなかったのですが・・・ブラウザ外の問題?







世の中、どこでどう誰かと縁が繋がっているか本当に分からないものです。
そう、まさか「マインドマップ」と「赤穂」という単語が繋がる日が来ようとは、誰が思ったでしょうか。
赤穂、ご存知でしょうか?忠臣蔵、赤穂浪士の討ち入りで有名(な、筈・・・)な兵庫県の赤穂市です。

で、私はその辺に住んでいる訳です。
赤穂はド田舎ですし、マインドマップなんて単語と縁遠いものだと思っていたのですが。
昨日、赤穂でつい先日お知り合いになった方にお会いしました。
どなたかといいますと、マインドマップ第2期インストラクターであり、ライフ・リバランス研究所の代表である五十嵐順子さん(いがじゅんさん)です。
なんとビックリ、いがじゅんさんは赤穂市出身だったという事実!それが縁で、今回赤穂でお会いするに至りました。タイミングよく関東から赤穂に帰って来られる時期であったのも、縁が呼んだ偶然としか思えません。

こんな片田舎でマインドマップの事について語れる日が来るなんて!と、二人で大盛り上がりでした。
しかもブログを以前から見て下さっていたとの事でした。しかしまさかいがじゅんさんも私が赤穂にいるとは露知らず。いやはや縁って転がっていても気がつかないものです。
マインドマップを見せ合ったり、今後のマインドマップの展望について熱く語ったりと、赤穂という地でマインドマップ談義に花を咲かせるこの奇跡!
いがじゅんさんは素敵な女性でしたし、ああ私今すごい幸せ気分だ~と、野菜ジュースをすすりながら感慨に浸っていたのでした。
マインドマップについてとても濃いお話を聞く事で、今後私がやるべき事を改めて確信することも出来ました。
そしてやはりインストラクターの方は輝きが違います!マインドマップもとても綺麗で見易く、内容についても丁寧に解説して下さいました。インストラクターの技術ってこういうことなんだなあ・・・と実感。

本当にあっという間に過ぎた、素敵な時間でした。今度は東京でお会いしましょう!とお別れしましたが、初めてお会いした地が赤穂というのもすごい話で(笑

こうやって人と人とが点から線に、そして線が面になっていく過程というのは何度経験してもいいものです。誰かと繋がるって本当に楽しい!





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。