2008年01月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





iMindMapのファイナルβ版を触っています。どこまで製品版と変わってくるかは分かりませんが、今の状態でも別段の問題はないですね。使い慣れればサクサクマインドマップを製作できると思います。

レビューの為、自作のセントラルイメージを取り込んで色々と実験してみました。
---




セントラルイメージからどれくらいの数のブランチが出せるかと思ったので実践。
これで打ち止めではなく、まだまだ幾らでも出せそうです。まあ、これだけあれば実用には十分ですね。





見ての通り、セントラルイメージの背景は要透過です。
iMindMap収録素材を使う時は問題ありませんが(一通り透過画像になっていますので)、
自分で画像を用意する際は要注意です。
マインドマップのルールとして「ブランチはセントラルイメージに密着させて伸ばす」というものがあるので、これだとダメですよね。
幸いにも透過加工が可能なフリーソフトは幾らでもあるので、一手間加えれば問題なく使えるようになると思います。





雑誌などに掲載される作成例では明朝体等が殆どでしたが、勿論字体(フォント)は変更可能です。
字を変えるだけで、マインドマップの印象はガラッと変わりますね。
明朝体使用のものに比べて、印象が柔らなくなっていると思います。
これまたフリーで素敵なフォントは多くありますので、色々探してみると面白いですよ~。
ちなみに私がコメントや↓のマインドマップで使用しているフォントは「しねきゃぷしょん」というものです。





そしてマインドマップを一枚。
iMindMapも教育現場への導入を目指しているということなので、子供へ向けるに必要な要素は何だろう?と考えてみました。
ちなみにセントラルイメージは、頭から創造が溢れ出している、というものだったのですが、色がまずいのか脳みその様です・・・。

さて、子供を対象にするのであれば、メニュー等を今以上に分かりやすくすればいいのかも、と思いました。
漢字をひらがなへ直したり、ちょっと理解しにくいかも?という部分を砕いた言葉に変換する等ですね。
そして、最近よくあるタイアップ。
子供向けの漫画の主人公がマインドマップを使うシーンがあると、子供への宣伝効果は高そうです。
で、iMindMapのオリジナルキャラクターなんてのがいると面白いかも!なんて事も。
子供はキャラクター物に弱いですし、固定したキャラクターでの宣伝効果も狙えるかもしれません。
もしも作るならどんなのかなあ、と考えて浮かんだのがコレ↓




iMindMapのロゴと、ブランチで手足を表現。び、微妙~・・・?

しかし子供の頃からマインドマップを使いこなせるって、凄い強みですよね。
私にはこの春から小学生の甥っ子がいるわけですが、彼にマインドマップを教えてあげようかなと思っています。
絵を描くことが好きな子なので、楽しんでくれると思うのですが。
まずは親である姉から抱き込んでいこうかと思います。マインドマップの輪を広げたいです♪
スポンサーサイト





東京へ行ってきた折、記者発表会にも同席した創造マラソンの淺田さんに案内してもらい、ぐるりと観光もしてきました。
その時の様子も、iMindMap記者会見時と同じように絵日記風に描いておいたのですが、「これはいいかも」とハマってしまいました。楽しいです。
絵と共に、その時の感情を文字として記録出来るのがいいですね♪これで色も付ければ、もっと仕上がりが良くなりそうです。
今回は思いつきでこういう事をしてみたのですが、次の機会には最初からそのつもりで準備をしていこうかと思います。

そんな訳で、そのイラストから抜粋してちょろちょろっと旅の記録をまとめてみました。昨日に引き続き画像が多い&字が読みにくい、で申し訳ないです。


いつも気が付いたら通過していたのですが、
今回は天候にも恵まれたおかげで、じっくりと富士山の雄姿を堪能出来ました♪





現役東大生の淺田さんが一緒なのだから、
ここは行っておくべきでしょう!って事で・・・






アキバでの歩行者天国初体験にちょっと感動。



ノッポンは兄と弟が交互に出てきていました。
兄の背中に「只」と書いており、何故?と思ってよくよく見たら「兄」でした。


天気が良かったので、最高の眺めでした!一日に富士山を二回も楽しめるなんて思いませんでした。
富士山で始まり富士山で終わった1日目でした。





★記事を加筆訂正しました(1/30)・本文追加と、マインドマップへのリンクを修正

東京から帰ってきました。本当に帰ってきて間もないのですが、すぐにでも記事にしておきたい!
という事で、まずは簡易的にUPです。

日・月曜と出ていましたが、日曜は純粋に観光。メインディッシュは二日目にありました。
そのメインディッシュ=東京へ行っていた最大の目的、の場で書き上げたマインドマップがこれです。




あっさりしていますが、何分その場で文字を入れて行った状態そのものなので・・・。後で少し手を入れてもいいかなとは思っています。
実は初めて、「人の話を聞いたその場で、それをマインドマップに起こす」という作業を行いました。思った以上にスラスラ描けたので満足♪

さてこのマインドマップを描いた場というのが何だったかといいますと、ズバリ「iMindMapの記者発表会!」です。
具体的には、ITmediaのこの記事にある場にいたということです。少し縁がありまして、一ブロガーとしてこっそりと参加させて頂きました。

iMindMapとは、マインドマップがPC上で手描き感覚にて作成できる、トニーブザン公認のマインドマップ作成ソフトです。
この”手描き感覚で”というのが大きなポイント!ここまでPC上で手描きに近づけられるんだ・・・と驚かずにはいられない操作性の良さです。
発売日は2/22、現在Amazonで予約受付中です!ちなみにDL販売も行われるとの事ですので、お好みでどちらかを選べば良いかと思います。
マインドマップは手描きでないと嫌だ!って人も、一度使ってみればその良さにきっとビックリです。完全手書き派だった私が言うんだから間違いないです。
手描きとPCと、互いに違うメリットがあります。使い分けしていけるのが一番理想の姿かなと思います。



iMindMapの操作性や記者会見の詳しい内容は、
私と一緒に記者発表に同席していた創造マラソン・淺田さんの記事、「iMindMap(トニーブザン公認のマインドマップ作成ソフト)のリリース会見が行われました!」にてどうぞ~。
そして関係者側から、mindmap.jp・伊藤さんの記事はこちら。ネット上メディアのiMindMap紹介記事へのリンク等もあります。

私も後日、操作性等に付いて記事にしたいと思いますが、今日は別内容。
恐らく他の媒体では出てこないであろう、結構どうでもよさげな情報を発信出来るのは私だけ!(笑)
こういう所で他の方との差別化を図ってみます。まあ今更私が言わずとも、大事な部分は淺田さんや他メディアがばっちり押さえていますので、記者会見にリアリティを持たせるための補足記事ということでひとつ。

私が日記として描いたイラストから、iMindMapの記者会見に関するものを抜粋してみました。縮小のせいで文字が読みにくいですが・・・。
その場で勢いのまま描いたのでアレな所もありますが、その時のリアルな感情は伝わるのではないかと思います。














まさか出来まいと持ったのですが、ホテルでネットが自由に出来たので、東京から無駄に更新してみます(笑
スキャナがないのが残念です。

さて東京ですが、念願かなって?東京名物っぽいところを観光してきました~。
昨日はものすごく暖かかったので、外を歩くにも苦にならず。先週みたいに寒い日にならなくて、本当に良かったです。

実は本当の目的があるのは今日なので、今からそわそわしています。
何度経験しても、未知の世界に突っ込む時の期待感は最高に楽しいですね!









日~月曜と、東京に行って参ります♪そして、更新したいこと山盛りで帰還する予定です。楽しみ!
今日はこれから準備をしなければいけないので、更新らしい更新は無しです。すいません。
帰ってきてからまた頑張ります!
でも今週は毎日更新が出来たので、ちょっと自分を褒めてあげたい。この調子を継続していきたいですね~。





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。