2007年11月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





インフルエンザの予防接種をしてきました。実は自主的に受けに行くのは初めてだったり・・・。変なところに針刺されるんですね~ちょっとビックリ。
後は日々の手洗いうがいに気を付けながら、この冬を越そうと思います。

さて昨日の記事の「マインドマップを全面的に取り入れた勉強法の本がいつか出るといいなあ」から、色々と考えを展開していました。
私には勉強本を書けるだけの実績も知識も足りないので、実績のある方に書いて頂きたいですよね~。世間的に広めるならそれが一番!
にしても、何故今まで出ていなのか不思議です。勉強本ブームだし、十分行けそうな気はするんですけど・・・。
BWJの「教育現場にマインドマップを!」という趣旨を思うと、小中高生向けのマインドマップ勉強本が出ていてもおかしくないと思うんですけどね~。「受験に役立つ!」なんて銘打てば売れそうです。
 
というかそもそも方向性問わず、マインドマップに特化した書籍自体がまだまだ少ない!
マインドマップを一般的に当たり前に使われるレベルに持っていくなら、書籍という形でのアピールは今以上に必要だと思うのですが、何故か少ない。
出版社の食いつきが悪いのか、執筆に時間を割ける方が少ないのが大きいのかも?インストラクターの方は皆さん多忙だと思うので・・・。
今後さらに色々と数も種類も出るといいですよね。まだまだこれからのお楽しみ♪

ちなみに私も「いつかはマインドマップで本を出したい!」という願望があるんですよねー。
私はビジネスシーンでの活用法に精通しておらず、そしてビジネス面で強い方々は既に大勢いる訳です。なので、私はライフスタイルでの活用法で攻めたいかなと。実際その方面で使っている事が9割強ですので。
「マインドマップ日記のすすめ」「マインドマップ手帳術」「マインドマップで夢が叶う!」的なものとかetc・・・。実用経験と効果の程を胸張って語れる様、今後は執筆の事も考慮しつつマインドマップを活かしていきたいですね。

そしてまた別に一つ。
マインドマップで絵本が作りたい!という夢があります。絵本にこだわらずとも、幼児期の教育や家庭にマインドマップを活用出来る様な本を作りたいんです。
マインドマップなら字がまだ読めない子供にも描けるし、イラストだけで描いてあげれば読み取りも可能です。
子供の想像力を育てるのもそうですが、親子・家族のコミュニケーションツールとしてもマインドマップを活用していける環境を作っていきたいです。

神田先生曰く「ひとつのマインドマップを描くたびに、世界がひとつ良くなる」との事。
そして、まさに私が目指したいのもそういう所です。
大局的に言えば「マインドマップで世界平和を!」ですね。冗談のようですが私はかなり本気です(笑)
身近な所で言えば、子供のいじめや自殺問題等・・・こういう社会問題の解決に、マインドマップが活かせる場面があるのではないかと思うのです。
マインドマップインストラクターを目指すという夢を抱いたのも、自分の力を少しでも誰かの幸せに繋げたい!という理想があるからこそ。その理想の為に私が選んだ方法が、マインドマップだったという訳です。
どうせいつかは死ぬのなら、死ぬまでにちょこっとでも世の中平和にして死にたいものですよね~。
スポンサーサイト









 行政書士の勉強、民法が3分の2程まで進行中。
憲法の条文も6割程度は覚えたので、前進はしてます。のんびりですけどね~。
来年2月中には法令に関しては一巡目を終える予定です。

 勉強法の本も色々読んでいます。
提案者によって真反対な物もありますし、逆を言えば殆どの人が提案している勉強法は確かな実績があるといえますね。目測を誤らず、良い所をチョイスして取り入れていければいいなあと思います。

 しかし勉強法の本を読みまくった為に、最近ちょっとマインドマップで勉強を進めていく事に迷いが生じていたりも・・・。
 「テキスト一冊に情報は集約させろ」「ノート整理は時間の無駄」「マーカーを使いこなせ」etc、マインドマップを使う事で逆行してしまう勉強法も多く、その情報に惑わされています。
 マインドマップはノート整理とは異なりますが、テキストを読む事に比べると時間が掛かるという点では同等なんですよね。幾ら書き慣れても、時間が掛かる事は否定出来ません。
 でもマインドマップを描く事で情報が頭の中で整理されるメリットは大きいです。そして、後で全体を見返す時は、テキストを見るより時短になります。他にもメリットは色々と・・・。
ああ、マインドマップを使った勉強は「急がば回れ」なのかも。範囲を一巡するのに時間が掛かりますが、その先二巡目からのスピードアップが目指せそうな気がします。

・・・とまあ、記事を書いる過程で迷いが吹っ切れました。今後もマインドマップで勉強を進めていこう!
そもそも「マインドマップは勉強にどこまで効率的なのか自ら実践する」という目的もあったのを忘れていました(笑)
マインドマップを全面的に取り入れた勉強法の本がいつか出るといいのですけれどね~。今の所そういう本はないと思うので。
私自身がそのレベルまで行けるならいいんですけれど、流石にそうそうは・・・。





 現在社会の波に乗り遅れない様に・・・というか、要は「時事問題を知っておく」という事がいかに重要か、行政書士の勉強をし始めてひしひし実感した次第です。
 新聞も一応ざっと目を通して、気になる記事は確保し、後でゆっくり目を通す様になりました。記事を破いて紙袋に放り込み、手の空いた時にささっと読んでポイ、という程度ですけれどねー。スクラップなんて必要なし、新聞の記事はナマモノ!

 しかし新聞だけではやはりカバーできる情報って限られているんですよね。
 その都度掲載される一時的・新鮮な報道だけではなく、長期的・多方面に広く浅く目を向ける事も必要だなと思いました。
それに新聞は結局「報道」が主なので、(A)という事柄から(A)以外の事柄へは考えが展開しないんですよね。リスト的>マインドマップ的、という感じかも。
 これだとどうしても多方面に目がいかない・・・。そこで、「ビジネス週刊誌を読もう!」という考えに至りました。つまみ食い程度に読む事はありましたが、定期購読できちんと読み続けようかなあと。
 定期購読だと嫌でも続きますし、新聞に比べて「自分で直接金を払っている」が故の強制感が(笑)。よく内容が分からなくても、習慣付けて読んでいけば理解も後から付いてくるだろう、と思うので。
 ちなみに週刊にこだわるのは単純に、月間に比べて頻度が多くなるから。情報も早いですしね。

 で、どの週刊誌にしようか悩んでいたのですが・・・。「日経ビジネス」の無料お試しを申し込める所があったので、まずはお試ししてみる事にしました。多分そのまま定期購読に移行しそうな予感。
 他に週刊ダイヤモンドや東洋経済も候補だったのですが、高い割に薄い!日経ビジネスは定期購読ほぼオンリー(大きい本屋では置いている事もある)ですが、その分ボリュームはありますね~。近場の銀行に置いてあるのでたまに読んでいましたが、内容も結構面白いし読みやすい。ビジネス誌初心者でも入りやすいですね。
 それに何より、バックナンバーがネット上で読み返せるというのが良い!本が溜まってきた時に処分する事を躊躇わずに済みそうです。

 ちなみに週刊以外のビジネス誌は、「日経ウーマン」「プレジデント」「日経ベンチャー」辺りをたまに読んでいるかな?後者二誌は会社が購読しているので、それに便乗しています。
 新書や文庫はいつでも買えるけれど、雑誌はその時限り(バックナンバーも限られてますし)のものなので、特集に興味がある物は躊躇せず買ってみる方が良いのかもなあと思います。一期一会。





 今まで描き貯めたマインドマップをペラペラ見返していました。
 というのも、今手許にある中で一番古いマインドマップを発掘してしまったから。この時は「ザ・マインドマップ」やその他マインドマップに関連する本すら読んでいなく、mindmap.jpの伊藤さんの記事を見ながら見よう見まねで書いていたっけなあ・・・と思い出に浸っていました。といってもまだたった一年弱前の話なんですけどね。
 せっかくなので恥ずかしながらその初期のものを晒してみます。ちなみに日付は3月4日です。恥ずかしいので出来る限り縮小・・・。
 
 初めてマインドマップを描いた日から今日に至るまで、大なり小なり全て含めて何枚描いたか分かりません。そして書き続ける中で、行く度か大きな転換期がありました。セミナーに参加したり、他の方のマインドマップを見て影響を受けたり、アドバイスを頂いたり、って時ですね。
 その時々で、結構大幅に描き方が変わる時もあり、微妙に修正がされている場合もあり。でも始めから今までを繋げてみると、大きく変わってますね。単品で見ると気付きにくいですが、並べてみると一目瞭然です。
 具体的に修正箇所も幾つか挙げてみますので、その部分を見比べてみると改善点がよく分かると思います。
 
★2007/3/4




★2007/4/9




★2007/5/16




★2007/9/16




★2007/11/21





【枝(ブランチ)の伸ばし方】
 直線的から曲線的に変わっています。広がり方も、今の方が自然に末広がりかなと思います。

【セントラルイメージからの枝の出し方】
 イメージから離れた位置から描き出していたのを、直接イメージから描き出す様に修正。

【枝上の文字の置き方】
 偏らないよう、等間隔に文字を枝上に配置。文字と枝の長さを合わせた、という言い方の方が伝わりやすいかもしれません。

【文字の切り方】
 文章のような長い言葉にならないよう、単語単語で切る様になりました。これは比較的最近修正出来た部分です。

 他にも些細な部分で色々修正が掛かっているのですが、大きい部分だとこの辺りですね。この辺りが変わっただけでも、相当マインドマップの印象が変わります。
 今でもまだまだ改善と工夫の余地はあります。これからも留まることなく、進化を続けていきたいですねー♪目指せ、カリスママインドマッパー!なんて大きく出てみたりして(笑)。





週末は友達の結婚式で、幸せをお裾分けして貰ってきました。嬉しくもあり、一抹の寂しさもあり・・・。
20年来の親友としては、とてもいい笑顔をしている友達の幸せを願うばかりです。
道は違っても夢の為に頑張ろうと思う気持ちは同じ。貰ってきた幸せパワーで、私も頑張って行かなきゃな~と思うのでした。

とそういう機に、図書館で借りてきたこの本を読んだのはきっと何かの思し召しなのかも?
[図解]本当にあった! 世界一簡単に夢を実現する「宝地図」
三笠書房 [著] 望月 俊孝
2005-12-08 / ---位 /4.5
価格:¥ 1,050 [2007-11-20 Amache]

宝地図の名は以前から行く度か聴いた事はあり、この本も図書館でパラパラと流し見た記憶はあるのです。でもその時は「ふーん」で終わらせてしまったんですよね。
しかし先週末図書館に行ったその場で唐突に、この本が図書館にある事を含めて宝地図の事を思い出しました。きっと潜在意識が「今必要な物」を語りかけてきたに違いない。そこで早速借りてきた訳です。

 宝地図を実際に作るのはこの連休の楽しみに置いておいて、「未来のキャッチフレーズを付けよう!」という所から実践してみる事に。
 色々考えて、「幸せ届けるマインドマップインストラクター」というキャッチフレーズを付けてみたのですがどうでしょうか?マインドマップの楽しさを伝える事も含めて、マインドマップインストラクターとして様々な人へ幸せを届けられると良いなと思いました。
 あ、それなら「楽しさと幸せ届ける~」にしてもいいかも。付け足しておこう。
 将来目指す姿を、具体的にキャッチフレーズとして自分に先に付随してしまうのは良いですね。目的がたったこれだけでもかなり明確さを帯びてきます。
 このキャッチフレーズを現実の物と出来る様、頑張るぞー!と意気込みつつ、今日も今日とてせっせと勉強!








PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。