2007年09月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









 今日のフォトリーディング対象はコレです。

 色々頑張るぞ!と思って行動にもぼちぼち移しているつもりなのですが、いかんせんどうにもこうにも「よっしゃ頑張るぞ!何でもやるぞ!」と「ダメだよ自分きっとどうせ出来っこないよ・・・」という、ポジとネガの間で振り子の様に心境が揺れ動くこと頻繁です。一日の間に何度この二つの感情で行き来している事やら。
 そんな気分に悶々とジレンマを抱えつつ、何かいい勉強の本でも見繕おうと久々にブックオフへ行ってきました。本棚を物色している間にも、「頑張ればどうにかなる筈・・・いやいややっぱり自分ダメ人間かも・・・」とゆらゆら。
 ため息混じりに見上げた棚に、吸い込まれるように目を惹かれる蛍光グリーンの本が一冊。おお、これは何という今の自分を誘い込むタイトルか!と手に取り検分、そしてレジへ。
 石井さんの本は以前に「心のブレーキ」の外し方」を読んだことがあったので、この本の存在も知ってはいましたが、読んだ事はありませんでした。しかし今こんな気分の時に巡りあったという事は、つまり今これを読め!と自分の中の潜在意識が言っているのだろうと判断。結果・・・最高にビンゴでした!最近読んだ本の中でも、自分的にクリティカルヒットNo1です。

 中でも、目からウロコだなと思ったのが以下。
 ○ダメと思う時点で、本当はダメじゃないと証明したことになる
 ○出来ることを考えてみたけど、それは出来ません・・・って、変
 ○代償を払ってでも、その夢は叶えたいか?
 ○目標を達成したらやろうと思っていることを先にやってしまおう!
 ○自分を好きになれないなら、好きな自分になればいい

 特に4つ目、『達成後にやりたいことを先にやってしまう』というのが、考えた事も無い事でとても衝撃的でした。『目標を実現しても、今の自分が激変する訳じゃないんだよ』と、潜在意識に分からせてあげるといいのだそうで・・・なるほどー!潜在意識は変化を恐れて現状を維持したがるので、先にその変化を見せて安心させてあげる事が大事なんですね。ほほー、目からウロコウロコ。
 そして、目標に直結して無くてもいいので、とにかく『出来る事』を見つけて継続する事!第一歩がどんな事であったとしても、行動が行動を呼ぶので、いつか目標に直結していく事になる筈です。雪だるま式に、『出来る事』を大きくして行けると良いですね。

 いや~、本のおかげで、ダメ人間思考の呪縛から逃れられたように思います。そして、自分が思う『好きな自分』になれるように、これからも努力を惜しまず歩んでいこうと改めて決心する次第です。出来る事から始めて行こう!
スポンサーサイト









 相変わらず早朝からテンション高く、「レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」をフォトリーディングしました。なかなかフォトリのコツが取り戻せない・・・時間が掛かりすぎてしまいました。


 「レバレッジ」とは<てこ>の事です。てこの原理のごとく、少ない時間で大きな効果を上げることを「時間にレバレッジをかける」というのだそうで。
 ”時間を投資する→時間を増やす→時間資産を作る→複利が雪だるま式に増える→さらに再投資する”・・・のサイクルで、時間資産がどんどん増えるという考え方は、なるほど!の大収穫でした。
 イメージ的には貯金通帳よりも、製造業の設備投資を連想しましたねー。商品を作る為に、新しい機械を購入する。初めは購入費用が掛かりますが、商品を作り出せば利益をもたらす資産になります。その利益でさらにまた新しい機械を買って・・・という感じですね。<機械=投資時間><利益=資産時間>と置き換えれば、何となくニュアンスが伝わりますでしょうか?
 
 読み終えて早速時間を投資して資産を作ろう!と思い、会社でせっせと日常業務のルーチンワークを図っていました。丁度タイミング良くExcelの使い方を勉強していたので、その練習にもなって一石二鳥♪もっとあそこも削れる筈、あれも出来る筈、と考えるのも楽しいです。

 しかし本でも触れられていたのですが、日本の企業って無駄な残業が多すぎますね。生産性が低い。
 定時で帰るのに気兼ねするって変ですよね。「残業をする=頑張っている」という公式は絶対おかしい!むしろ、残業をせずに与えられた仕事を終える人のほうが高く評価されるべきだと思います。
 勿論必要な残業もあると思うのですが、あきらかに必要ない残業をしている人っていますよね。日中はだらだらして、定時を過ぎてからバタバタし出す人。残業代を稼ぎたいが故のわざとの行為なのかな?それで疲れたとぼやかれてもちょっと困ってしまいます。
 残業代という金銭という形あるものに価値を見るか、時間という見えない物に価値を見るかの違いなんでしょうかね~。ちなみに私は断然後者なので、残業は基本的にしません。早く帰った分、時間を自己投資!これからはもっと色々と頑張りたいことも出てくるので、さらに時間の価値の比重が高くなりそうです。目先の残業代より、遠くの大きな目標!です。長い目で見れば、目標を達成した方が金銭的にもプラスになる筈なので、目先の小金に執着する必要はないよなあと思うのでした。






 「すごい実行力」にあった、『実行力カード』を早速作ってみました。携帯で撮ったので画像が悪いですが・・・。
 ちなみに『実行力カード』とは何かというと、自分で決めた決まり事を達成できた時にポイントGetとするポイントカードの事です。何個集まったら自分にご褒美!だとか、ポイントを収集することに楽しさを見出したりで、物事を達成することを習慣付けよう!というテクです。詳しくは本を読んでみて下さい。
 「すごい実行力」のフォトリーディング後のマインドマップはこちらの記事になります。

 作り方は、家にあった絵葉書用のポストカードを二つ折りにして、表紙と中身を書き足しただけです。PCできちんとした体裁を作っても良かったのですが、きっと私には手作りの方がいい筈だ!と思ったので手描きにしてみました。中の枠もフリーハンドで。
 手作りだと愛着が沸きますし、何より作るのが楽しかった♪これ一枚を終えたらまた次が作れる、それが既に私には十分すぎるご褒美です(笑)。金掛からんご褒美やなー。
 何をポイント加算の設定とするか、ご褒美はどうするか、その辺りは順次考えて追加して行こうと思います。まずは『早速カードを作った』という自分の行動力にポイントひとつ。早く1枚綺麗にシールで埋めてみたいですね♪楽しみ楽しみ!









 久々にフォトリーディング!と思ったのですが、全然フォトリになっていなかった気がする・・・。数を重ねて、勘を取り戻さなくては。
すごい「実行力」
三笠書房 [著] 石田 淳
2007-06-20 / ---位 /4.5
価格:¥ 560 [2007-09-03 Amache]

「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術と一緒に注文して届いていた、「すごい実行力」を読んだのですが、タイミングが物凄く良かったように思います。何せ現在、神田先生のインタビューのおかげで、やる気に満ち溢れていますからね~。そういう時にこういう本を読むと、やる気が加速します。

 内容もとても良かったです。書かれていることは難しくないのですが、とても実践的。恥ずかしいかな私は三日坊主に成りがちな上、嫌なことを後回しにし易いタイプでして・・・。そういう人にはまさにピッタリな一冊でした。
 行動をビジュアル化する為にグラフを付けなさい、というものは早速実行してみたいですね!他、行動を細かく分解する必要もあるので、その辺りにはマインドマップを活用出来るなと思いました。他に、ご褒美を設けてやるいうのは、私にとっては凄く効果的な気がします。
 他色々と早速やってみたい事例があったので、即行動に移したいと思います。ここで「じゃあその内やろう」じゃ、結局何も変わらないままになってしまいますからね~。

 しかしこういう行動学的な本や勉強法の本等をを読む度思うのですが、書かれている内容的には「言われてみればそりゃそうだ」という事が多いんですよね。単純だったり、内容に即した例がすぐに浮かんできたり。しかし結局その「そりゃそうだ」に気が付けて、そして実行出来るか否かが分かれ目なんだろうなあと思うのでした。
 そういう「そりゃそうだ」に気付く為、そして実行に移す為のモチベーションの為にも、こういう本は定期的に読んでいくのがやはり良いですね。同じ考えの人が多いから、この手の本は売れるんでしょうね、きっと。









 注文していた「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術が届きました。
 さて描き方のコツや活用法を吸収するぞ、と読み始めたのです、が!しょっぱなの神田先生のインタビューで既に興奮度MAX状態に。それでも一通りまずは目を通したいしで、必死にそわそわを押し殺して最後までめくりました。
 厚さが薄いのと画像が多いのとで、最後まで読むに時間は掛かりません。といっても内容はとても濃い!日頃ビジネスにマインドマップを活用している方のインタビューは、とても興味深いものでした。そうそう、と同意する部分もあれば、これは!という発見も山ほど。
 内容的には、マップ作成ツールを使っての活用法が主ですね。勿論手描きに応用出来るポイントも多いので、ツールを使っていない人でも大丈夫です。ツールの体験版も付いているので、試した上でツールの導入を検討してもいいかもしれません。

 さて話が頭に戻るのですが、神田先生のインタビューの話です。
 マインドマップの普及にかける情熱がひしひしと伝わってきて、言うならば「神田先生に私も付いていきます!」な気分で胸が一杯です。ここで叫んでも神田先生には届かないでしょうが、言わずにはいられない時ってありますよね。それが私にとっては今です、今!
 具体的に何年までに何を設立し、そしてこういうものを行っていく・・・という、具体的な案が示されていて、それが実現したらばどれほど素敵な事だろうか!と思いを馳せるとドキドキとワクワクが止まりません。
 『2015年までに日本の全家庭にマインドマップを!』
 もうこの部分で私の興奮が音を立ててメーターMAX振り切りです(笑)そして振り切ったまま勢いで描いたのが、冒頭のマインドマップなんですね。このマインドマップで、私の興奮っぷりが少しは伝わるのではないかと思います。今見返してみると、ちょっとは落ち着けと言いたくなる感じの出来に我ながら驚きを禁じ得ません。
 私もその目標に向けて、何か力添え出来ないものだろうか?そう思うといても立ってもいられません。タイムリーにマンガを描いてはいる所ですが、もっともっと!と欲が出てきました。
 その欲の延長線上に、インストラクターを目指したいなあというものがまだしっかり居座っていたようです。そしてやはり人間、欲にはなかなか逆らえないもので・・・。叶う叶わないは別にして、頑張るだけ頑張ってみようかなと改めて思うのでした。

 にしても、本を注文した時には予想もしなかった部分に火が付いてしまいました。まあ、結果オーライかな?





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。