2007年04月22日【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










カラー・コーディネーター1・2・3―イラストで身についてしまう色彩学
明日香出版社 [著] 大島 由里子
ASIN:4870306301 /単行本/167頁
発売日:1993-09
ランキング&評価:---位
価格:¥ --- [2007-04-22 Amache]

 今以上のマインドマップを描く為にも、落書きをするに対しても、色に対する知識は必要だわなと思ってチョイスした本です。

 そういえば学生時代の美術の時間にこういう事習ったよなあ・・・とかすかな記憶が呼び覚まされました。にしても、色で重さの感じ方が1.87倍違うという具体的な数字にちょっと驚き。温度は調べようもありましょうが、重さの差なんてどうやって調べたんだろう?時間の感じ方も違うってのも面白いですね。この特性を利用して、仕事場などは寒色で集中力アップを・ファーストフード店等は暖色で回転率のアップを狙うといいらしいとか。なるほどー。

 そういえば、青は食欲を抑える色というのは良く聞きますね。なので、青い食器をダイエットに取り入れるといいらしいです。しかし「青いふりかけ」は気持ち悪い!あるんですよ、そういう物が。見るからに人の食べるものじゃないコバルトブルーのふりかけ!言うならばカキ氷のブルーハワイ。カキ氷になら許せる色なのに、何故白米になったらああも気持ち悪いのか・・・。色の力を実感できる商品ではある気がします。要らないけど!
スポンサーサイト





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。