2007年04月20日【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







 Amazonで最近やたらと目に入る、ショッキングピンクの表紙画像。図書館で発見したので、手に取ってみました。
「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~
フォレスト出版 [著] 石井 裕之
ASIN:4894512440 /単行本/160頁
発売日:2006-11-21
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ 1,365 [2007-04-20 Amache]

 潜在意識のコントロール法等、この手の本に良く見られる内容をとても分かり易く書いています。売れるのも頷けますね。最近スピリチュアルやら自己啓発やらの本、ブームですしね~。
 「潜在意識には現状維持メカニズムがある、その現状維持のラインを徐々に慣らして押し上げていこう」「潜在意識は答えを見付けるまでストップしない、なのでどういう答えでもいいから答えを出してストップを掛けてやらなければ疲れてしまう」という2点は今回初めての気付きで、今後生かせそうです。いいなと思った部分はガンガン自己に取り入れていこうと思います。

 ところで今回気が付いたのですが、フォトリーディングだといい所だけ抜き出してマインドマップにアウトプットして1冊丸々いいとこ取り♪が出来るんですね!
例えば本中どこか一箇所にでも「それはどうかな」という否定的な猜疑心を持ってしまうと、下手すればその1冊に対しての印象がそうなりかねません。しかしフォトリーディングだと本1冊丸ごと隅から隅まで捉える必要はないので、悪い部分に気を取られていい所に気が付かないという自体にはならずに済む様です。
 しかしこうしてフォトリーディングの威力を様々な面で思い知る度に、凄くワクワクして仕方がないです。やっぱりフォトリーディングって面白い!
スポンサーサイト





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。