2007年04月【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










 私の机を気持ち再現。こんなに広くないですが、イメージ的には大体こんな感じの所でフォトったり落書きしたりしています。
 見ての通り、机の前にフォトリーディングセミナー後に貰える修了書を貼っています。どこかに仕舞い込むのも勿体無いし、デザイン的にも部屋に飾って問題ない物なのが嬉しい。バリバリ日本語の表彰状みたいなのだったら、流石に飾る気にはならないですけどね~。一応インテリアにも気を使いたいのです。
 ちなみにスタンドの脇に置いてある四角いのはタイマーなのですが、これがダイソーの物なのでちょっと使い辛い。ボタンが固かったり、時間のセットもいちいちし直さないといけなかったりするので。図書館でも使えるような、バイブタイプの物がいいらしいのですが、1000円程するみたいでちょっと高いかなあ。取り敢えずは今の物で我慢我慢。
 
 GW末には読書会へ参加してくるので、今から楽しみです。それまでに少しでも多く経験を重ねておかなきゃ。ついでにまた大阪へ行けるのでうっきうきー♪
 今まで全然足を向ける事がなかった大阪に、今後きっとしょっちゅう向かう事になりそうです。フォトリと出会った事で行動範囲がこうもがらっと変わるとは予想外だった・・・。
 今までは大阪までの電車賃高い!と思っていましたが、今はあら意外と安いじゃないか、と思っている自分がいる訳で、金銭感覚にも微妙に変化があったのかも?金銭感覚というより、価値観自体が変わった・・・のかな?うーん、不思議。
スポンサーサイト









3時間熟睡法 眠りのリズムを身につける!
かんき出版 [著] 大石健一
ASIN:4761261250 /単行本(ソフトカバー)/187頁
発売日:2003-10-14
ランキング&評価:---位 3.0
価格:¥ 1,365 [2007-04-28 Amache]

忙しい人の3時間快眠
インデックス・コミュニケーションズ [著] 林 泰
ASIN:4757302568 /単行本/188頁
発売日:2004-09-25
ランキング&評価:---位 3.5
価格:¥ 1,470 [2007-04-28 Amache]

 シントピックリーディングもどき!図書館で似たタイトルの本を2冊見掛けたので、それぞれをいつも通りにフォトリ→一つのマインドマップにアウトプットしてみました。
 しかし内容的に、あれ作者同じだったっけ?っていう位に似通っていたので、普通に一つにまとめただけに。シントピックってこんなものか?ちょっと自信が無いのであくまでもどきと言い張る。

 で、肝心の内容ですが。そもそも私は元から比較的短時間睡眠です。平均5・6時間かな?23時~4か5時起床なので。でも、これをもっと減らしたいわと常々思ってました。単純計算で、6時間寝る所をを3時間で済またならば、一週間で21時間、一年で1095時間の差!!つまり丸々45日分程増えたと同等ですよ。改めて数字で弾いて、その数字にちょっと愕然としてしまいました。
 時間の有効活用法の本も星の数ほど出てますし、勿論限られた時間をフルに活用する事も必要です。が、単純に活動時間を増やすという点には案外目がいかないものですね。普通に考えればその方が楽で確実なのに、灯台下暗し・・・かも?

 書かれている実践方法は至極単純というか、普通の快眠法。これを生かして3時間睡眠でOKな体質に持っていけるかどうかは本人次第ですね。これをしたら確実に3時間睡眠になれる!って事ではなく、睡眠のメカニズムや睡眠の大切さ・短時間睡眠の有効性を説いている本なので。短時間に拘らず、いい睡眠が取れていないなという人にもオススメ出来る本かと思います。
 短時間睡眠を習慣付けるためには、まず「8時間寝なきゃダメだ、○時前に起きるなんて早起き過ぎる」という自分の意識を変える事が第一ですね。私はその思い込みは既に無いので、3時間睡眠を習慣付けるのは余裕で可能なはず。やってみようかな、3時間睡眠♪









 ちょっとフォトリーディングがスランプかな~、上手くいかないなあ、という感じ。幾らかやってはいるのですが、どうも出来たと言う実感が沸かない出来。GWに気合入れて頑張らなくちゃね!
 そんな訳で、今日はフォトリから離れてマインドマップの練習。イメージ力のアップを図りたいので一つと、フォトリ時のマインドマップをもっと図形を使用して見易くしたい練習とで二つ。
 いかにすっとんだイメージが広げられるかしらんと思ったのですが、うーむイメージ力が低いなあ。頭が固まってるのかなあ。もっと柔軟性を付けなきゃダメですね。ちなみに何を描いているのかは理解できなくて問題ないです(笑)
 左下のプリンにだけ説明しておくと、いつか見てみたい大きなバケツプリン~♪という事です。飛躍しすぎ?









「ほんとうの自分」がわかる本―らくがきセラピー
大和出版 [著] 金盛 浦子
ASIN:4804702393 /単行本/174頁
発売日:1998-12
ランキング&評価:---位
価格:¥ --- [2007-04-24 Amache]

 描いた絵を見て、その描き手の真理を探ってみようという内容の本です。絵を描く好意そのものが癒しになるという意見は大賛成!絵の内容の見方にしても、こう描いたからこうに決まっている!という決め付けでなく、優しく受け止める姿勢で書かれているので好感触です。
 でもこういう絵でのカウンセリングって、純粋な子供にしか使えない気がするんですよね~。大人になると主観性が強すぎて、こういうお題ならこう描くだろう、そしてこう描けばこういう診断下されんじゃないの?という予想までしてしまう人もいるでしょうしね。心理ゲームとかで、質問の裏を無意識に探ってしまうタイプ。
 なので、診断方法についてはあまり興味がないといえばないかな。ただ、「絵を描くという行為がもたらす癒し」には興味がある!そういう内容の本がないかどうかまた探してみよう。らくがきセラピー、いい言葉だ~。






 気分が乗らないので今日は休息日!適当に落書きと雑談で埋める・・・。タブレット欲しいなー。

 新聞を読んでいても、気になるのは本の広告ばかりなり。しっかし赤川次郎の出版ペースは相変わらず速すぎるのではないかと思う。
 小学生時代、赤川次郎ブームでした。近所のおっちゃんに「ホワイトデーのお返しに、本一冊買ってあげるよ」と言われ、選んだのが『三毛猫ホームズの運動会』。理由は簡単、棚の中で一番分厚かったから。今思えばなんて可愛げのない小学3年生か。
 三毛猫ホームズシリーズをはじめ、赤川次郎の作品は大好きで小中学生時にあれこれ読みまくりましたが、図書館の蔵書を読みつくした時点で足が遠のいてしまいました。しかし今もまだ続いてるのね・・・晴美と石津さんの関係はどうなったのかちょっと気になる。
 そういえば2時間ドラマで三毛猫ホームズをやっていた事があったけど、あれは許せなかったっけ。ホームズがただのネコじゃないか!ちがーう、ホームズはそんなのじゃなーい!マッチ棒をつついて動かして人数の移動を示したり、レストランで居合わせた犬を煽ってヒントとなる現象をわざと起こしたりするコなんだぞー!・・・今考えると、凄くありえないなこれ(笑)

 昔通っていた図書館と今通っている図書館は違うので、今使ってる図書館で探せば読んでいない蔵書があるかもしれない。久々に赤川次郎ワールドに漬かってみようかな?





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。