Evernote【マインドマップ1年生!】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





1207263
Webサーフィン中にテキストをEvernoteにクリップするとき、
拡張機能のWebCLIPPERを使っている人が多いと思います。

が、場合によっては
単純に「テキストをコピー→Evernoteの無題ノートにペースト」
の方がいいときもあるのです。

この時の仕様を、意外と知らない人もいたので、シェアしてみます。

コピペでもURLが自動的に入力される

(1)ブラウザでテキストをコピーする

Evernoteに保存したいテキストを選択して、コピーします。

1207261
「完璧な目標より、隙だらけでもワクワク出来る目標を」から引用

(2)Evernoteのノートにペーストします。

コピーしたテキストをそのまま、
Evernoteのノートにペーストします。

すると、勝手にコピー元のページURLが入力されています。
ついでに、テキストのフォント表示も、選択したときのままです。

また、テキストの1行目がノートタイトルになるので、
内容がそのままノートタイトルになり、
リスト表示した時に内容を把握しやすくなります。

1207262

ページ丸々でなく、部分をクリップする

私は可能な限り、
一ページを丸々クリップしてEvernoteに保存するのではなく
「ぐっときた部分」
「これはやってみようと思った部分」など、
「クリップしようと思うに至った箇所」を掻い摘んで保存
するようにしています。

クリッパー・コピペ問わず、元ソースのURLは残るので、
全文読みたければそこから飛べばいいですし。
元が消えてしまったときは、まあそのときかなと。

そもそもこのようなスタイルにしているのは、
「1ノートに1情報」が、 自分に一番適したスタイルだと気がついたからです。
Twitterのツイートも、1ツイート1ノートで保存しています。

1ノートに1つの情報しか存在しないと、
「なぜこれを保存したのか?」
「これは何が大事なんだっけ?」がブレず、
見返すときに不要な時間を取られることもなくなります

タイトルとノート内容がイコールくらいが、ちょうどいいのです。
リスト表示で中身が把握出来るくらいのシンプルさ。

なお、私が「1ノート1情報」を心がけるようになったきっかけは、以下の本。

Evernoteの使い方に行き詰まっている、
Webクリップが山ほど溜まってるけど活かしきれてない…
そんな方は、
「1ノート1情報」、一度試してみてもいいかもしれませんよ!



「EVERNOTE超知的生産術」は、EVERNOTE本の皮を被った別物だった 【 マインドマップ1年生 plus ライフハック! 】
本書内で「1枚1事の原則」というものが紹介されています。「一枚のノートにはひとつのことを書く」という原則です。


補足


…ということを書きましたら、こんなことを教えていただきました。


…いや~、知りませんでした。これは感激します!
知らなかったという私のお仲間の方は、ぜひぜひお試しを!
スポンサーサイト





webページを、ブラウザで見ているままに印刷したい!
でも印刷しようとすると、レイアウトぐっちゃぐちゃになっちゃう!
ってこと、ありませんか?

例えばここ。(巣鴨地蔵通り商店街



このまま印刷しようとプレビューすると(GoogleChrome使用)、
このようにレイアウトが明らかにオカシイ状態になってしまいます。
右上が変だし、表示されていないバナーも…。
 


これを、ブラウザで見たレイアウト通りに印刷したい!
そういう印刷対応のフリーソフトなどもありますが、
手っ取り早いのがEvernoteを使う方法です。
新しいソフトを入れる必要もなく、
さくさくっとレイアウトそのままに印刷することができるのでオススメです。

(1)ページ全体をクリップする

「ページ全体を保存」で、印刷したいページ全体をクリップします。


(2)クリップされたページを、Evernoteのノートで開く

PCクライアントでも、Webの方でもどちらでも大丈夫。
ページ全体がクリップされた状態になっていればOKです。


(3)Evernoteのノートを印刷する

そのままEvernoteの印刷メニューを実行し、ノートを印刷します。
すると、このように綺麗にレイアウトが整ったまま印刷されました!
(なんか一部画像が抜けてますが…)
上部にEvernoteの情報がちょろっと入ってしまいますが、まあ許容範囲かな。

 


基本的にEvernoteって立ち上げっぱなしだと思うので、
ページを印刷するのに新しいソフトを立ち上げる必要もありません。
いやー、楽ちんですね~。

以上、Evernoteを使ったちょっとした小技でした。
こういうEvernoteの活用法もいいですよね。







みなさん、Evernote使ってますか?
私は未だに試行錯誤しつつ、あまりがっちりせずゆるい感じで使っています。

私は基本的に面倒くさがりなので、Evernoteでの情報集約も手を抜きたい。
それも出来るだけ楽に実現したい。面倒くさいから。

という私が使っているのが「blogtrottr」というサービス。
簡単に言うと、RSSで取得した情報を、指定のメールアドレスに飛ばすサービスです。
以前は結構投げやりな作りをしていたサービスなのですが、
ログインで自分の登録情報を一括管理できるようになって、劇的に使いやすくなりました。
詳しい使い方などは、他の方のエントリをご参考にしていただいてと。

Blogtrottrの仕様がちょっと変わってEvernoteへの保存が便利になった | goryugo

「Evernoteに集めたい情報を、RSSでEvernoteのメール先に送る」というのが、
基本的な使い方になりますが、
参考までに、私がどういった情報をblogtrottrでEvernoteに送っているかを列挙してみたいと思います。

【1】ブログのエントリ(記事)


私の場合、自分のこのブログと、日刊ブログ(日刊さをんの絵描き部屋 )の2つを、
更新されたら自動的にEvernoteに入るように登録しています。
大体どこのブログもRSS配信されているものなので、
「ここのブログのエントリは全部Evernoteに保存したい!」というブログがあれば
個別に登録しておいてもいいかもしれませんね。

なお、ブログによってはRSSで全文配信されていない場合があります。
そういった場合、「RSSフィードを全文配信で読む まるごとRSS」などのサービスでURLを変換してblogtrottrに登録するとよいです。
きちんと全文blogtrottr経由でEvernoteに入ってくれます。

【2】Googleリーダーでスター登録したエントリ


【1】では、指定ブログのすべてのエントリをEvernoteに入れていましたが、こちらはひとつひとつのエントリを個別に指定して送る方法です。
いわゆる「あとで読む」サービスを経由してEvernoteに集約する方法も色々あるようですが、
私はそういう「あとで読む」サービスを使わない人なので、Googleリーダーで全部終わらせてしまいます。

(1)Googleリーダーで記事を読む(PCでもiPhoneでも)
(2)Evernoteに送りたいな、という記事にスターをぽちっとつける
(3)blogtrottr経由でスターをつけた記事がEvernoteに送られる

というシンプルな構造です。
Googleリーダーは「共有公開の設定をしたアイテムは、RSSが取得できる」という機能がひっそり存在するので、
そのRSSのURLをblogtrottrに登録してあげると、上記が実現できます。

(1)ここで設定を「公開」にして、「公開ページを見る」をクリック。


(2)「Atomフィード」という部分から、RSSを取得する。



【3】twitterを1ツイート1ノートにして送る


これ、単純にEvernoteに送るだけなら「twieve(ツイエバ)」使えばいい話で、
そして私もそれはそれで使っているのですが、blogtrottrを使ってtwitterを「1ツイート1ノート」にした形でも送っています。

理由としてはこれ。

1ツイート1ノートでEvernoteに入れて、タイトルにツイートが表示されているとどうなるかっていうと、検索対象が「1ツイート単位」でかつ「検索結果で内容がすべて把握できる」という状況を作れるので、ツイートを情報として扱うのにすごく利便性が上がるのです。欲しいよ~。Sat Sep 17 11:58:51 via Tween


で、これを実現できないものかとtwitterでぼやいていた所、
@atqさんが大変ご親切にも試してくれまして。
この方法を使って、「1ツイート1ノート」を1日まとめとは別に送っています。

twitterタイムラインを1ツイートずつEvernoteに入れる(試行中) - atq's posterous

しかし、twitterってRSS取得のリンクが以前はデフォルトであったのですが、いつのまにかなくなってますね…。
さらっと探した所、twitterのRSS取得に特化したサービスもあるようなので、
こういったものを使ってみるのもいいかもしれませんね。

TwitterのツイートをRSSに変換して購読できるサービス「Twitter to RSS」 : ライフハッカー[日本版]
Twitterの(公式よりまともな)RSSを生成するサービス TwitterGoodRSS をつくったよ! - yayuguのにっき

編集メモ


すごいなげやりな感じのまとめで何ですが…。Webサービス活用のまとめって苦手なんですよねえ。
しかしまあ、こういった他人の活用法を参考にしつつ
Evernoteを自分色に染めていくのもEvernoteの楽しみのひとつだと思いますので
ぜひblogtrottrも活用してみてはどうでしょうか。
私もまだまだEvernoteの活用法は試行錯誤中ですが
そういうあれこれ試行錯誤もまた楽し、なのかもしれませんね~。

こういった本も出版されますし、iCloudの出現などもありましたし、
Evernoteその他クラウドサービスの活用についてはまだまだ可能性が広がりそうですね!


ちなみに、Evernote社は早くゾウさんのぬいぐるみを出せばいいと思うんだよ!
という思いが冒頭のイラストに詰まっています(笑)







※2枚 各自クリック拡大

図らずも今月はEvernote強化月間になりまして、先日の「EVERNOTE情報整理術」に続き、こちらの「EVERNOTE超知的生産術」を読みました。
ちなみに「EVERNOTE情報整理術」の読後感想はこちら→■悩めるあなたに「EVERNOTE情報整理術」を

EVERNOTE「超」知的生産術EVERNOTE「超」知的生産術
倉下忠憲

シーアンドアール研究所
売り上げランキング : 515

Amazonで詳しく見る

「EVERNOTE情報整理術」はブログにも書いたように、「Evernoteがどういうものかは理解しているんだけれど、活用しきれてないんだよね…」という方にオススメしたい、とても実用的でかつ実践的な一冊でした。
では、「EVERNOTE超知的生産術」はどうだったのか?
一言で言うならば「EVERNOTE本の皮を被った別物だった」が一番しっくり来ます。

タイトル通り、「知的生産の技術」すなわち「新しい情報を作り出す」ためのEvernoteの使い方に特化した一冊です。しかしてその特化内容が、私の業務と好みとに合致しており、それ故に「こ、これだ…!」と電撃が走ったのでした。
twitterでも読後にツイートしたのですが、兎にも角にも私好みの情報盛りだくさんで、たまらないなあ!とゴロゴロ転がりたくなるような内容でした。

Evernote本と思って読むと、期待とは違う内容であるかもしれません。まさに「EVERNOTE本の皮を被った別物」だからです。
しかしだからこそ、Evernoteが広まっている今、読むべき内容であると言えるかもしれません。Evernoteをただの物置にしてしまわないためにも。

Evernoteとマインドマップは同じなのかもしれない


本書内で「1枚1事の原則」というものが紹介されています。「一枚のノートにはひとつのことを書く」という原則です。
一枚のノートに一つ一つ独立した情報を持たせることで、それらの情報同士を組み合わせやすくなり、結果、新しいアイデア・発想が生まれやすくなります。

これを読んで、「あっ!」と思ったのです。これ、似てると思いませんか?
そう、「マインドマップのブランチの上には、単語を書きましょう」という原則と。

「1枚1事の原則」は、マインドマップの考え方と同じなのではないかと感じたのです。
一枚のノートにはひとつの事柄を。一本の枝にはひとつの単語を。
情報の組み合わせで新しいアイデアが生まれる。単語の組み合わせで新しいアイデアが生まれる。

これに気がついた瞬間、私のEvernoteに対する考え方が一気に変わるのを感じました。
そうか、Evernoteもマインドマップも同じなんだ!と。
あくまで中間生産物であり、最終的にアウトプット(結果)を出すことが必要である。という着地点も含めて、同じと言えると思ったのです。

Evernoteは倉庫ではなく、孵化を待つ場


1クリックで溢れるほどの情報を簡単に探し出せる昨今、「情報を知っている」ことではなく、「付加価値ある情報を生み出す」ことがさらに求められるようになる、ということが常々言われています。
Evernoteを、ただの情報の格納庫、倉庫だと考えてしまうと、「情報を知っている」場所を自分の頭からクラウドに移しただけになってしまい、結局は従来の「情報を知っている」の代替品でしかなくなってしまいます。

本書の中で、ノートブック運用事例として「孵化ノートブック・スタック」という名称のノートを作っているという例が挙げられています。
孵化とは「卵から新しい個体が脱出してくること」。言い換えれば、「Evernoteに格納された情報から、新しい情報を生み出すこと」と言えそうです。
Evernoteを「付加価値ある情報を生み出す」ために積極的に活用しようとすることで、ただの代替品ではない、新しいツールとしての位置づけが生まれるのかもしれません。

マインドマップも同じく、ただの箇条書きの代替品だと思ってしまっては、何の付加価値も生みません。
いかにマインドマップを用いて新しいものを生み出せるか?新しいことに気が付けるか?
そういった活用法が出来るようになることで、マインドマップを使うことに意味が出てくるのではないか、そう感じます。

そういった風にマインドマップへの思考応用も出来るという点で、「EVERNOTE超知的生産術」はマインドマッパーの方には是非一読をオススメしたい一冊です!
ここでは触れませんでしたが、具体的な知的生産方法についても書かれているので、Evernoteを抜きにしてもとても学びの多い本であると思います。
どんな内容が書かれているのかは、冒頭のマインドマップからなんとなく察していただいて、興味を持った方は是非実際の本を手にとってみてくださいね。

編集メモ


本の中で、「知的生産の技術」が度々出典として取り上げられています。タイトルは聞いたことがあれど未読だったので、今更ながらそちらも読もうと注文し、近日届く予定です。
知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫

岩波書店
売り上げランキング : 900

Amazonで詳しく見る
また、本の中で智慧カードも取り上げられていました。智慧カードについてはブログだとこの辺りで取り上げていたり。→■マインドマップ×智慧カード=アイデア発想!
智慧カード2智慧カード2


株式会社マグネットデザイン
売り上げランキング : 29861

Amazonで詳しく見る
勿論こちらもオススメです!具体的・実践的な内容で、運用の型を学べます。
EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)
北 真也

技術評論社
売り上げランキング : 1114

Amazonで詳しく見る






※クリック拡大

Evernote、一応使ってはいるものの、なかなか実用的に使えているとは言い難い…。
収集後の整理の基準や活用法など、Webで様々な記事を読みはすれど、それがなかなか実際に反映されていないのが現実でした。
どうしたものかなあと思っていたそんなさなか、BECKさんこと北真也さん(Hacks for Creative Life!)のEvernote本が出ると聞いたならば、それは買うしかないでしょう!

ということで、ざくざくとマインドマップでメモを取りながら読みました。
EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)EVERNOTE 情報整理術 (デジタル仕事術)
北 真也

技術評論社
売り上げランキング : 265

Amazonで詳しく見る

Evernote活用法を、「本で読む」意味

Evernoteの基本的な使い方はばっさり省いて、「既にある程度Evernoteの使い方を理解している人向け」に書かれているため、私のような「Evernoteがどういうものかは理解しているんだけれど、活用しきれてないんだよね…」という方にはとてもおススメ!
実際の運用方法の例や、Webサービス・iphoneアプリなどとの連携方法など、とても詳しく書かれているため、出来るところから真似をしていこうという気になります。

こういうEvernote連携サービスについての情報は、Webを探せば見つけられる情報ではあるかもしれません。
しかしそれらが、著者の考え方と、「収集-整理-活用」のステップ説明を踏まえた上で一冊の本に集約されているというのは、とても意味のあることだと思います。
考え方の上に情報が載ることで、「なぜそのような運用方法をし、そのサービスを使っているのか」という背景を同時に理解でき、その背景を理解した上で自分の運用方法に取り入れ、応用していくことが可能になります。
メンタルモデルを理解する、というやつですね。その辺については、この本の書評記事でも散々書いておりますが、やはりとても重要なことだと思います。
 ■メンタルモデルをインストールする!「仕事をためこまない人になる5つの習慣」
仕事をためこまない人になる5つの習慣仕事をためこまない人になる5つの習慣
佐々木 正悟

青春出版社
売り上げランキング : 42057

Amazonで詳しく見る


悩ましい点のひとつであるEvernoteの情報整理について、GTDの流れを取り入れて行うという手法はとてもいいと思いました。
情報の段階(inbox-Active-Archive-Output)に応じてノートブックを用意して、整理する。その情報の立ち位置が明確になれば、扱いに悩む時間も減りそうです。

多くの人が(そして私も)悩むであろう、ノートやタグの分類についても、考え方と実例が提示されているので、とても分かりやすく参考になります。
そして、ノートとタグをつけて終わり、ではなく。
Evernoteに収めた情報に対して、どのように検索を行って情報を取り出し、それを状況に応じて活かせる情報へと昇華させるのかという部分にまで言及されているのが素晴らしいです!
検索機能でここまで情報の活かし方に幅が出てくるのか~、と目からウロコです。

Evernoteに解はない

巻末には、シゴタノ!執筆陣の方々へのインタビューがあるのですが、こちらも少ないページ数ではありますがとても参考になります。
何故なら、「いかにEvernoteの使い方に、明確な解がないか」がよーく分かるので(笑)。
本当にバラバラで、しかし共通して言えるのは「自分の運用方法に明確な軸がある」ということ。恐らく運用していく中での変容はあるのでしょうが、それにしても都度の運用方法にはブレがないように思えました。

本書も、今この時点で挙げられる、ひとつの解でしかないかもしれません。Evernote自体の進化に伴って変わる部分も当然あり得る訳ですし。
けれども、そういった「今後どんどん進化する可能性がある」「使い方は自分次第でいかようにも出来る」ということも含めて、Evernoteというものなのだろうと感じます。



Evernoteの使い方に悩んでいる人は、手に取って損のない一冊だと思います。
Evernote自体は無料で使うことができるのです。活用して損はないので、Evernoteを触ったことのない人も、是非一度ダウンロードから初めてみてはいかがでしょうか?

編集メモ

インタビュー記事内にあった、倉下さんの「使用済みメモを「象の墓場」ノートブックに入れている」という一文から思いついてつぶやいたのがこれ↓。

でもこう、「ノートブックの名前にストーリー性を持たせる」のはありかもなあ、と考えたりした。「象の誕生日」「象の入学式」「象 結婚す」「象 じいじになる」「象 ここに眠る」くらいの。自分にしか分からん区分だwSat Feb 19 00:54:53 via HootSuite


ノートやタグ名に、機能的なだけではない名称を付ける発想はなかったので目からウロコでした。
ちなみに「象の墓場」という名称には 「象は死に場所を選んで死ぬため、死期が迫った象は自ら仲間が死んだ場所へと向かい、死んだ象が必然的にたくさん集まる場所ができる」という逸話があり、そこに行けば貴重な象牙をゲットできるという人間の夢物語」がベースにあるのだとご本人から教えてもらいました!なんだかロマンティックでいいですね♪





PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。